スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道筋理論】 「選ぶ」能力 線引き

今回は定義が線引きが曖昧な「選ぶ」能力者を挙げ連ねるだけだったり。

でもでもその前に前回の補足です。書き忘れがあったのよー。

さて、小瀬川白望ですが「絶対に振り込まない」という能力を持っている訳ではありません。他家さんへの振り込みがその局のベストだった場合はそれを選べるのだと思います。という訳で具体例。

ドラは8sです。

22255六六六九九九五8 ツモ5s スッタンテンパイ

ただですね、場況としては2人リーチが入っていてどっちも一発目だったりします。手は・・・

五五34567888④⑤⑥

一二三四五六七八白白北北北

もうひとりは完全に参加出来てない状況。ちなみにその前をどう打っても多分この状況になることは回避できません。それに関してはこの牌譜の元ネタの方を参照して頂きたいのですがあえて書かないで。ある漫画で本当にあった牌譜。どの漫画か分かる人は今度一緒に飲みにいきましょう(笑)

手牌全部が当たり牌っ!?こういう場合にしろみーが選ぶのは唯一満貫で済む六になります。さすがにこれはやり過ぎ?じゃあ、もういっこ・・・

かおりんのスーアンはどうさね。あのときまこの席にしろみーが座ってたら多分差し込みでしょう。裏が乗って倍満になってしまう場合は何もしないかもだけど。かおりんとの点差を気にするなら差し込み、他家を落としておきたいなら無難に降りでしょうね。

もちろん、鳴かせてツモずらしもあり得るんだけどね。

という感じ。失点する場合は自分が最もダメージを喰らわない選択が出来るのだと思います。ただし、失点することが決まった道筋しかない場だと何も出来ずに負ける可能性があるのが辛いところ。

ほいじゃ、本題にいくでー。○がついてる子は「選ぶ」確定、●がついてる子は能力持ちの可能性ありということにしてくださいな。ちなみに、しろみー、怜ちゃん、りゅーかはもうええよね?略しますの。

なお、私の偏見がかなり入る模様。数が多いので一人一人はそんなに深くやりません。何かあったらばしばし突っ込んでやってくださいなー。

○井上純

「意識して」「不合理な打ち筋を含めて」「相手の和了筋から逸れる」ことを選べる能力。

純君はまさに「選ぶ」能力の典型ですね。「意識して」の部分は道筋を選ぶことを意識できるという意味です。相手のテンパイではなく和了気配を感じ取れるものの明確にその手の構成が分かっている訳ではないですね。

●福路美穂子

「意識して」「不合理な打ち筋を含めて」「他家に和了らせる、振り込ませる、自分が和了る等を」選ぶことが出来る能力。備考:簡単に言うと相手の手牌が読める。かなり正確に。

さて、美穂子ちゃんに関しては確定は止めときましょう。これが能力かそれとも技術かが現状判断出来ないですからね。わ、私は能力だって信じたいけども。闘牌描写の追加待ってるでー。

○染谷まこ

純君と同じタイプですねー。違うのは純君が「鳴きでずらす」をメインにしているのに対し「自分が和了ることで他家の和了を潰す」ことが出来ること。とはいえ不可解な鳴きの後純君も大体和了ってるからそんなに変わらなかったりします。

ずらすだけでなく自分の和了筋を選べる能力なので決まればこっちの方が強いんですが、牌山に自分の和了筋が落ちてなかったらかわしにいけないんじゃないかな?そしたら純君の能力の方が汎用性は高い?うーん、どっちがええんやろ?難しいところですねー。

●竹井久

「意識して」「不合理な打ち筋も含めて」「自分の和了筋」を選べる能力。もし「選ぶ」能力だとしたらですけど。

部長は実はかなり微妙なんですよね。和了がほぼ確定する能力なので「作る」でも「選ぶ」でも説明が可能です。ただ、発動回数に規則性がないこと、来た牌の意味を考えていることから「選ぶ」能力なのかなーって。ちなみに和了れないときは山に和了筋がないから選べないで説明が可能?

●龍門渕透華(通常時)

「無意識に」「普通の打牌の範疇で」「高打点の和了筋」を選ぶ能力。これも能力かどうか微妙ですが一応衣の親戚ですし。

8000オール頂きですわっ!の和了は普通の打牌だと思うけど明らかに何かしら能力使ったっぽい描写だったので。通常とーかならダマ選択のところをあえて曲げて一発だしね。

●池田華菜

「意識してか無意識かは不明で」「普通の打牌の範疇で」「高打点の手をテンパイする道筋」を選ぶ能力。

これもまあ能力かどうかは微妙なところなんですが、さすがに高い手張りすぎやないかなということで。和了る能力ではなくテンパイする能力。

ただし、テンパイ出来る道筋がないと衣のイーシャン地獄のあった長野決勝みたいに泣き顔になっちゃうみたいな(ゲス顔)

以上、長野組。ここで能力ではないだろうけど能力じゃないとも言い切れない子達を軽く。原村和と加治木ゆみですねー。無能力者なんでしょうが、この二人は能力持ちと言われても不思議じゃないかなー。で、もし能力者なら「選ぶ」に属するんじゃないかなーって。

●エイスリン・ウィッシュアート

闘牌描写がないのでなんとも言えませんがエイちゃんは「作る」というよりは「選ぶ」の方が合ってる気がするんよね。

「エイスリンは自分の夢、理想の牌譜を卓上に創り出す」

これだけみると「作る」っぽいんだけど「支配」がそんなになくてなおかつ和了の形が固定されていない能力は「選ぶ」の方がしっくりくる気がするんですよね。ただ・・・

エイちゃんの地区大会の和了率が全国1位なのだとしたら「作る」じゃないと説明つかないけどねー。

●滝見春

「意識的に」「普通の打牌の範疇で」「相手の和了筋をかわす」能力。純君タイプの能力だと思います。

ただ、まこみたいに和了筋がないと発動できないのと成功率が100%じゃない上に差し込んで貰わないと成立しないので能力かは微妙ですね。

●宮永照

詳しくは次回やる予定の「ハイブリット」の記事で。なぜこの子が「選ぶ」も持っているという疑惑があるかというと怜ちゃんリーチの3p切りからの3p鳴き直しという荒技をやっているからなのです。

○花田煌

「無意識に」「普通の打牌の範疇で」「飛ばない道筋」を選べる能力。これは作中で言われてたまんまですねー。

○弘世菫

「無意識に(狙う相手だけは意識して)」「普通の打牌の範疇で」「特定の相手からのロン和了が出来る道筋」を選ぶ能力。

はい、何度か言ってますが菫さんのシャープシュートは「作る」ではなく「選ぶ」です。何故かというと、狙う相手を牌山が積まれた後に定めているからですね。ちなみに過去の菫さんの能力考察はこちらです。

じゃあ、これを「選ぶ」的に解釈するとどうなるかというと・・・

①相手を選択。これは意識的に。

②あとは相手の余剰牌を捉えられるように手を作っていく。この時菫さんは「相手が和了りに向かう道を素直に歩くと鳴いたことや手の進み具合に関わらず狙い打てる」という証言があることから相手の余剰牌が何とかは明確には分かっていない。

菫さんがやってることはとにかくその相手からロン和了出来るような道筋を選んで進んでいるだけなので。

③相手がその道筋から逸れた場合はもう一度その相手を狙い打てる道筋を選んで進む。ちなみに②.③のときに相手からのロン和了の道筋がない、もしくはかなり遅い巡目でその前に誰かの和了がある場合には能力は発動しないものと思われます。

ただ、この子は実際には多分「作る」の方がしっくりきます。でも、それでもこの考え方は「牌山は積まれたら動かない」という鉄則があるので「選ぶ」能力だという判断しか出来ないのです。

以上全国組。こちらも多分能力じゃないけど「選ぶ」能力持ちと言われてもおかしくない子を数名あげます。愛宕洋榎、江口セーラ、新子憧ですね。この子らは無能力者だとは思うけど根本的に和了率がかなり高い気がする。特にアコチャーは鳴いたらほぼ和了拾ってるし。正直亦野さんより強いような気が・・・ゲフンゲフン

こんな感じですかねー。何?●多過ぎるだろって。しょうがないねん。闘牌描写が少ないんさー。判断材料が足りないんさー。

「選ぶ」に関しては本当に線引きが曖昧なので私も良く分からない(笑)

いつもよりも短いですが今回はこれで終わります。ほいで、一応「選ぶ」能力編が終了ということになります。次回からは予告通り少し特殊な子たちに触れていきますので、期待せずに待ってていただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。