【どうでしょう】穏乃「受験生のための?」【第四夜】

憧「私がとてもおいしいポジションにいるこの企画、試験に出る石川県富山県、今夜はその第四夜です。まあ、偏差値70ですし、私」

咲「そんなに難しいことをやってるわけではないから何とかついていけた感じかなぁ、個人的には。勉強なんて久々だったけど」

憧「正直咲にはちょっとびっくりしたかな。もっとあたふたするかなって思ってたんだけど完全に解説役に回ってたもんね、終始」

咲「淡ちゃんが生徒役だったから助かったよぉ」

憧「でも一番ちゃっかりしてるのはしずね。そこまで分かってるって感じじゃなかったけど上手いこと私分かってますよーポジションだったから」

咲「そだね。でもほら、今夜は大活躍だから。穏乃ちゃんは」

憧「正直小学校のときは外で遊ぶ感じではあったけどあそこまで山に執着する子じゃなかったんだけどね。異常よ、あれはさすがに」

咲「ついに、真打が、あの山博士が動き出す!明らかに演出側の趣味がメインなってくる第四夜!お楽しみにー」

・・・・・・

~1日目 魚津~

穏乃「今日のお宿到着!」

淡「はやくぐだぐだしよーよー」

憧「受験生に休む時間なんかないよ?」

咲「なんで今日ここに泊まったと思ってるのさ」

淡「な、なんでですかせんせー」

憧「ここ魚津は蜃気楼で有名な土地なんだよね」

淡「蜃気楼?」

咲「海の上とかに街が見えたりとかするあれだよ」

淡「あー、あれかー」

憧「なんで起きるかは知ってる?」

淡「未来視的なあれじゃない?一巡先を視る的な」

穏乃「怜さんも多分蜃気楼扱いはされたくないんじゃない?」

咲「光は基本的に直進するって性質を持ってるんだけど」

淡「それはなんとなく分かるかな?」

咲「実はもういっこ特性があって、密度の高い方へ流れていくって性質があるんだよね。で、寒いところの方が密度が高いんだよ」

淡「密度?」

憧「光は冷たい方へ曲がると思っときなさい」

咲「普通の状態のときって上と下、どっちが冷たくなると思う?」

淡「えーわかんないよー」

咲「上なの。なんだけど、ここだと乾いた暖かい季節風が吹くから逆転現象が起きるんだよね。下が冷たくて上が暖かいみたいな」

淡「……?」

咲「そうすると、光が直進してたら本来見えないところにあるはずのものも冷たい方に光が曲がると認識できることがあるんだよ」

淡「……???」

咲「でも、人の目は光は直進してるって思うからまっすぐな位置にありえないものが存在してるって認識になるの。これが蜃気楼だね」

淡「……?????」

憧「うん、さすが宮永先生。分かりやすい解説ですね」

穏乃「生徒側は全く分かってなさそうだけどね」

淡「むつかしいよぉ」

咲「よおし、分かるまでやるぞぉ」

淡「え!?」

・・・・・・

淡「うううー、何言ってるかさっぱりだよぉ」

咲「穏乃ちゃん」

穏乃「……」コク

咲「ありがと。じゃあ淡ちゃんちょっと一緒に来てもらえるかな?」

淡「え、う、うん」

ワカッタヨネ    エッ

ワカッタヨネ    エ、エット、ハイ

ナラヨロシイ   

咲「うん、分かってくれました」

淡「ま、魔王や…魔王がおったでぇ…」

憧「初めから分かった体で進めればよかったんじゃ」

・・・・・・

穏乃「さて、一休みしたところで」

淡「美味しかったね、今日の晩御飯も」

咲「ゆったり過ごしてたけど、まだやるんだね今日」

憧「受験生に休みはないからね」

咲「ちなみにさっきも出てきた季節風だけど夏が南東、冬が北西の風が吹くっていうのも覚えておくといいよー」

淡「もう理科はやだよぉ」

穏乃「じゃあ、地理からやろか」

淡「からってことは理科もあるんじゃん!」

穏乃「大丈夫、ここからは私の講義だから」

淡「何が大丈夫なの!?」

咲「じゃあ、私たちは先に寝るから」

憧「おやすみー」

淡「え、うそでしょ!?」

穏乃「はい、集中!」

淡「あ、はい」

穏乃「今私たちがいる富山だけど、以前来たことがあったよね?」

淡「サイコロのときだね」

穏乃「その時長野まで行ったルートを覚えてる?」

淡「お、覚えてない…」

穏乃「黒部立山アルペンルート」

淡「穏乃のテンションが異様だったのだけは覚えてる」

穏乃「あのルートは長野までのわずか92キロの道のりを5時間以上かけて進むルートだったんだけど、これって異常だよね」

淡「なんで?」

穏乃「時速何キロで動いてることになる?」

淡「えっと、距離÷時間だから…18キロ!?自転車より遅いよ!?」

穏乃「そうだね。じゃあ、なんでそんなに時間がかかったんだろう?」

淡「えっと、山を越えたから?」

穏乃「正解!今私たちがいる中部地方は険しい山脈が多いんだよ。そのルートで超えたのは飛騨山脈だし、となりは木曽山脈、さらにとなりに赤石山脈などなどあるねー。で、ここら一帯を日本アルプスって呼ぶんだよ」

淡「ハイジ?」

穏乃「ハイジがいるのはアルプス・ヒマラヤ造山帯に属するアルプス山脈だね。ヨーロッパの中央をぶった切ってる世界有数の山脈だよ」

淡「…絶対予想外の反応のはずなのに凄い怖いくらいの量の知識が降ってきたよ。怖いよ。私の知ってる穏乃じゃないよ…」

穏乃「常識だよ?」

淡「常識じゃないよ!?」

穏乃「ちなみにアルプスにはモンブランで有名だね」

淡「ケーキ?」

穏乃「山の名前」

淡「ひ、ひとつもジョークに乗ってくれない」

穏乃「でも、日本アルプスも負けてないよ。例えば…」

・・・・・・

淡「日本アルプスの魅力は分かったからもう許してぇ」

穏乃「まだ語り足りないんだけどなぁ」

淡「た、助かったぁ」

穏乃「じゃあ、話題変えようか」

淡「続くの!?」

穏乃「私たちはこの企画中温泉に入ったよね?」

淡「そうだね」

穏乃「温泉の熱源は火山であることが多いんだけど、火山って色々な形があるって覚えてるかな?楯状火山とかさ」

淡「理科じゃんか!?」

穏乃「まあまあ、山の話だから」

淡「山の話だからなんなのさ!」

穏乃「火山には楯状火山、成層火山、鐘状火山って呼ばれる三つの形による分類が存在します。文字通り形による分類だね」

淡「どこが文字通りなの!?」

穏乃「楯状火山は平たい形をしてるんだ。鐘状火山は逆でドーム状になってて、間にある綺麗な形の山が成層火山だね」

淡「はい?」

穏乃「じゃあ、なんで平たくなったり、ドームになったり形に違いが出来るんだと思う?これにもちゃんと理由があるんだよ」

淡「わかんないよぉ」

穏乃「マグマの粘り気が違うの。粘り気が弱ければ平たくなって楯状火山に、強いと拡がらずに鐘状火山になるんだよね」

淡「な、なんとなくイメージ出来るかな」

穏乃「さらにこの三種類の代表例なんかも聞かれるから覚えとこ。楯状はハワイのキラウエア火山、成層は日本が誇る富士山、鐘状火山は昭和新山と有珠山高校でおなじみの大有珠は押さえとくべきだね」

淡「覚えらんないよぉ」

穏乃「大丈夫、出来る!」

淡「ええー」

・・・・・・

穏乃「というわけで、こんなとこかな」

淡「……zzz」

穏乃「聞いてる?」

淡「は、はい!?っていうかもう朝じゃんか!」

穏乃「え、はは、話しすぎちゃったね」

淡「もういやだぁ」

・・・・・・

進みが遅いですけど後3回(富山観光・まとめ編・テスト回)で終わる予定です。ただ、もしかしたら間に何かはさむかもですー。

お付き合い頂ければ嬉しいです。ではでは(ぺっこりん
スポンサーサイト

【どうでしょう】淡「受験生のための?」【第三夜】

淡「さて、私がインテリの3人にいじめられる企画、今回はその第三夜だよ。あことさきをいじる番組だったはずなのになぁ」

穏乃「まあ、実際インテリなのはあこだけだけどね。私たちは高卒でそのまま麻雀プロになったわけだしねー」

淡「地理なんて知らなくても生きていけるんだよなぁ」

穏乃「も、元も子もないことを」

淡「大体地理得意な咲だって実生活では使えてないじゃん!」

咲「うるさい、そこ!」

穏乃「そんなこんなで、やってきます!」

・・・・・・

穏乃「たーたたたたったららー、たらっららー、らー、たららららー」

咲「この番組は龍門渕家の提供でお送りします」

・・・・・・

~1日目 和倉温泉~

淡「せんせー、今日はどこいくのー?」

咲「輪島の朝市だったはずなんだけどなぁ」

憧「もう昼になっちゃったわね」

穏乃「淡さんが宴会しよーなんて言わなければ」

淡「あわあわ17歳だからわかんないー」

憧「その制服で淡の容姿だと17でもいけちゃいそうなんだよね」

淡「褒められたのかけなされたのか」

憧「うらやましいとは思ってるかな」

咲「でも、結構飲んでたよね」

憧「温泉宿で飲まないのもあれだしね」

穏乃「女子会の様子?一切撮ってないけど」

憧「まあ、もう慣れてわよね」

咲「制作側の意図的にいらないんだねー」

淡「朝市行きたかったなぁ」

穏乃「じゃあ、今日は北陸の工業についてやっていくよ」

憧「北陸の冬と言えば雪なんだよね」

淡「ん?雪が工業と何が関係があるの?」

憧「そうね、それを語るにはまず農業について話さないといけないんだけど・・・北陸の農業っていうと代表的なのが稲作なの」

咲「一番有名なのは新潟だけどね」

憧「元々北陸が稲作に向いていたわけではなくて、客土っていってほかの地域から土を持ってくることで日本有数の水田地帯になったの」

淡「でもでも、雪が降るんじゃないの?」

憧「そう、だからかつては早場米って言ってね、秋の早い時期に出荷するお米の産地として有名だったのよ、この辺は」

淡「かつては?」

穏乃「今はお米も品種改良が進んでるから」

淡「寒さに強いお米を作ればいいってことか」

咲「でも、昔はお米は秋には出荷してたんだよね。でさ、じゃあ冬は農家の人は何をしてたんだろうねー?淡ちゃん、分かるかな?」

淡「えーっと、お昼寝?」

穏乃「冬眠になっちゃうよっ!?」

憧「冬に何かしないと収入が得られなかった。これがポイントなの」

穏乃「例えば今から行く輪島の輪島塗、漆器だね」

咲「あと、加賀友禅って聞いたことない?」

淡「着物!」

憧「そうそう、そのあたりの伝統産業が有名なの」

咲「あと押さえておきたいのが地場産業ってワード。とにかく使って、その後で利益をとる、これを先用後利っていうんだけど、とか配置販売で有名な富山の薬売りなんかは文学作品でもよく話題になるよね」

淡「文学少女アピールだっ!」

憧「ちなみに地場産業は別に薬売りの話だけでなく、地元の資本を使う中小企業が一か所に集まっている状態のことを言うんだけどね」

穏乃「この辺で生産を一手に担ってるっていうと福井県鯖江市の眼鏡なんかもあるねー。フレームの生産量が全国の9割くらいなんだって」

淡「あわわー」

咲「えっと、大丈夫」

淡「そんなに一気に言われても覚えらんないよー」

~1日目 輪島~

淡「輪島塗のお店についたよー」

咲「ひゃ、百万円超えてるのがあるけど」

穏乃「またまたー、宮永プロならキャッシュでいけるでしょ?」

咲「行けるわけないでしょ!?」

憧「さすがに手が出せないわね」

・・・・・・

淡「せんせー!せんせーにプレゼントを買ってきたよ」

咲「え、なになに?」

淡「日頃お世話になってますから」

穏乃「茶番はじまったー」

咲「バカ、こんなの買う時間があるなら勉強しなさいよ」ウルウル

淡「よかったら受け取ってください」

咲「これは…ループタイ!?」

淡「ボーイッシュな格好が似合うせんせーには合うかなって」

咲「…えっと、ごめん。これ、なんで般若がついてるの?」

穏乃「もっともっと鬼になって私のことを指導してくださいってこと?」

咲「般若が初めて笑うか……」

淡「……」

穏乃「……」

咲「他になかったの!?」

淡「せっかいいい話風だったのにー」

憧「まあ、そうなるわよね」

~1日目 輪島 千枚田~

咲「さて、さっき水田の話になったんだけど」

穏乃「観光名所として有名な千枚田にきたよ」

淡「千枚田?」

憧「地理的には棚田っていうんだけどね。傾斜地に階段状に作られた田んぼのことね。場所が足りないから無理やり崖みたいなとこで耕作を行ってるの。ジャワ島とかにあるんだけど、日本だとここが有名ね」

淡「で、目の前に広がるこの風景な訳だけど」

咲「ごめん、なめてた。普通に凄いねここ」

穏乃「すぐそこが海だもんね」

憧「雪降らなくてよかったわね」

淡「千枚の田んぼが階段状になってるんだね」

憧「正しくは二千枚あるらしいけどね」

穏乃「千枚田 本当の数は 二千枚だ」

憧「川柳ね」

咲「千枚田 階段状に 継ぐ命」

穏乃「さすが宮永先生。名句が出来ましたね」

憧「面積が足りない中で先々まで生きるために必死になって崖に作った田んぼ。体言止めがいい味だしてるわね」

淡「体言止め?」

憧「表現技法のひとつよ。体言で文を終わらす技法」

咲「ちなみに体言っていうのは物の名前だとおもっとこ」

淡「まさかの国語!?」

穏乃「ちなみに今の季語がなかったけど」

咲「私も川柳のつもりだったからね。ただ、俳句に必ず季語が入ってるかっていうとそうじゃないんだよ。無季俳句っていうのがあるし、自由律俳句に至っては五・七・五の十七音じゃないしねー」

穏乃「勉強になるなー」

憧「国語も強そうね、咲は」

淡「いや、ごめん。今のはさすがに試験には出ないよね?」

憧「作るの私だから、裁量は私」

淡「えー」

咲「淡ちゃんも一句どうぞ?」

淡「千枚田 売ってる米は 何米だ?」

穏乃「あはは、酷いねー」

淡「でも、凄いね。こうやって力強く生きていったんだね」

憧「ここら辺の百姓は強いからね」

穏乃「一向一揆だね。加賀の一向一揆はおよそ100年間国を支配してたんだってさ。百姓の持ちたる国、それが加賀だねー」

咲「それに百万石っていう単語も聞くよね。それだけお米の取れ高が安定してたってことだよ。あんまり目立たないけど強い地域なんだね」

淡「なんだかんだ、色々学ぶのは楽しいのかな?」

穏乃「じゃ、次は富山までいっちゃうよー」

咲・憧・淡「おー」

・・・・・・

本家と同じところもあれば変えてるところもあります。

私語呂合わせ思いつかないのでその辺はスルーで。調べながら描いてるので間違ってたら申し訳ありません。・・・なんかめっちゃ勉強してる!

ではではー。

【どうでしょう】憧「受験生のための?」【第二夜】

大阪組考察の記事にコメントくださった方ありがとうございます。そうですねー、汎用性もろもろ考えると怜ちゃんが一番強いのでしょうね。

一応無極点+枕神りゅーかさんがどれくらいの強さを誇るのか・・・と2度も闘牌描写があったのにまだ底を見せないちょーオールラウンダーこと愛宕のお姉ちゃんが分からないかなーって感じですかね。

・・・・・・

憧「受験生のためのと言ってますが、宮永プロ」

咲「何ですか?」

憧「センター終わっちゃったじゃない!」

咲「あはは…そだねー」

淡「その辺の配慮をこの番組に求めちゃだめだよ」

穏乃「本当はセンター前に一回やりたかったんだけどね」

咲「今日からいよいよ勉強スタート!」

淡「地獄の勉強合宿だー」

・・・・・・

咲「たーたたたたったららー、たらっららー、らー、たららららー」

穏乃「この番組は龍門渕家の提供でお送りします」

・・・・・・

~0日目 羽咋市~

憧「さて、やってきました、羽咋市です」

咲「って、明日からじゃなかったっけ?」

穏乃「いやー思ったより早く着いたからさ」

憧「ま、いいわ。一回来てみたかったとこだし」

淡「せんせー!なんでここに来たんですかー?」

咲「えっとね、ここには少し変わった道路があるの」

穏乃「もうすぐかな」

淡「え、うそ!」

憧「ふふふ、世にも珍しい砂浜を走れる道路…ご堪能あれ」

穏乃「千里浜ドライブウェイは世界でも3つしかない砂浜を車で走れる道路なんだよ、ほら、ちゃんと標識もあるでしょう?」

淡「ほんとだぁ!凄い凄い!」

咲「私も企画書見るまで知らなかったもん」

憧「さて、では淡さん」

淡「なんですか、せんせー」

憧「なんで砂浜の上を車で走れると思う?」

淡「え、えーっと・・・魔法で?」

淡・穏乃「てじなーにゃ♡」

咲「そこ、真面目に授業を受けなさい!」

淡「えー、じゃあサキせんせーは分かるの?」

憧「では、宮永先生どーぞ」ニヤニヤ

咲「う・・・えっと、砂浜の粒が小さいんだよ」

淡「それだけなんですかー?なんか言ってやってくださいよアコさん」

憧「……」

淡「何黙ってるの?・・・えっ、まさか」

憧「さ、さすが宮永先生!正解です!」

咲「本当に!?」

淡「なんで先生役なのに驚いてるの?」

穏乃「そういえば、アメリカで地理自体は得意って言ってたもんね、咲は。ただ、実際の感覚が見当はずれで駄目なだけで」

咲「何気に酷い言われ様っ!?」

憧「じゃあ、気を取り直して淡さん!」

淡「は、はいっ!」

憧「なぜ、小さい砂がここに集まってると思います?」

淡「えーっと、えーっと・・・」

憧「時間切れです!」

淡「さっきの質問より難しくない?ずっこいよー」

咲「あ、でも私なんとなく分かるよこれも」

憧「では、宮永先生どーぞ」

咲「北陸地方が出てくる場合に気をつけなきゃいけないのは季節風なんだよ、これは、というかさっきの質問もだけど、理科にも絡むんだけど」

穏乃「あー聞いたことあるかも?」

咲「季節風が吹くので川から流れてくる土砂が戻ってくるんだよ」

憧「でも、それならなんで日本でここだけ不思議な砂浜があるのかな?」

咲「そう、それだけなら日本海側は全部砂浜が固くなっていないとおかしいよね。なんだけど、ここから少し南下したところにある手取川がその謎を解明するカギになってるんだ」

穏乃「割と本気の講義になってる」

咲「手取川河口付近には大きい砂がたまります」

淡「え、なんで?」

咲「大きいものは遠くまで運びにくいでしょう?」

淡「あ、そっか」

咲「逆に言うと?」

淡「小さな砂は風で遠くまで運ばれる?」

咲「そう、それがだいたいこの付近なの」

憧「正解!さすが宮永先生ですね」

咲「ふふふ、どやあ」

穏乃「では、第三問。そんな不可思議な砂浜がある日本海側ですが、近年砂浜が浸食されていることが問題になってます。その原因は?」

憧「これは過去のセンター試験にでた問題ね」

咲「えー・・・」

憧「さすがに降参みたいね、じゃ、私から」

淡「なんでだろう、アコから後光が見える」

憧「ポイントはさっきの問題なの。砂はどうやって運ばれる?」

淡「季節風、じゃないの?」

憧「ここに来る途中でもみれたんだけど、近年はこの北西の風に対して防風林や防砂林を作ったの。さて、するとどうなるかな?」

淡「砂が、戻されない?」

憧「正解です!だから、砂浜が浸食されてるの」

淡「べんきょーになるなぁ」

穏乃「ちなみに今のからテストに出てくる可能性があるかもなんだけど、ノートとらなくていいの?満点じゃなかったら罰ゲームあるけど」

淡「あ、そか。メモメモ」

憧「ふ、不安すぎるわね。咲もバックアップ作っといたら?」

咲「え、わ、分かったよ。じゃあ、憧ちゃんも」

憧「私はテスト作成に回るからごめんけどパスで」

咲「憧ちゃんが作るの?だったら簡単めに・・・」

憧「ごめんけど、手は抜かないよ?」

咲「な、なぜ!?」

憧「信じてるからよ、淡が満点とるって」

咲「淡ちゃん、ノートに落書きしてるけど」

憧「あーわーいーさーんー?」

淡「スミマセンスミマセンスミマセンスミマセンスミマセン」

・・・・・・

~0日目 和倉温泉~

淡「わー旅館だー和室だー」

憧「ときに、畳に使われるい草ってどこで生産されてるか知ってる?」

咲「ここでもまさかの授業!?」

穏乃「受験生に休みはないんだよ」

淡「そもそも『い草』って言葉を初めて聞いたよ?」

咲「熊本だったはず。これは中学校で習ったと思う」

憧「思った以上に咲は地理得意ね。正解。日本の80%以上が熊本の生産になってるの。八代平野で米の裏作としてねー」

穏乃「生産量っていうと咲の出身地は一杯出てくるよね」

咲「うんうん、そだね」

淡「長野ってあんまりイメージないけどなぁ」

憧「レタスとかセロリ、白菜辺りは1位だったはず。ぶどう、桃、お茶とかとか色々なランキングに載ってるわね。あとカーネーションも1位だね」

咲「野菜、果物、花などなどなんでもござれだよ」

穏乃(近年はプロ雀士輩出率も1位なんじゃないかな?)

淡「でもお茶は1位じゃないよね?だって静岡がいるし」

憧「お、さすがに知ってたかー」

淡「ワハハーバカにしすぎな気がするぞー」

咲「微妙に似てる物まねを持ってきたね」

穏乃「さ、まだまだ覚えることはあるよー」

憧「移動中だと集中して出来ないからね」

淡「あー、少しだけ休ませてもらえませんか?」ウルウル

咲「まあまあ、二人とも。今日はもともと企画やる日じゃなかったわけだしさ。少し休憩しようよ。折角温泉に来てるんだし」

憧「しょうがないわねー」

穏乃「私、卓球したい!」

淡「あ、テレビの前の皆、さすがに温泉やらは映せないからね?」

・・・・・・

私も実際行ったことあるけどあそこは感動するよー。だって、普通に砂浜入れるんだもん、車で。ぜひぜひ行ってみてねー。ではでは。

【あこさき】咲「受験生のための?」【どうでしょう】

憧「ねえ、咲」

咲「何かな、憧ちゃん」

憧「私、収録の今になっても信じられないんだけど」

咲「そうだね。実は私もなんだ」

淡「第二弾もなかなかの受けだったからね」

憧「制作側が平然と画面に映ってるけど?」

穏乃「そういう番組だからね」

咲「未だにテレビとして成り立ってるのかが分からないよ」

穏乃「まあまあ、細かいことは気にしないで」

淡「早速本番いくよー」

・・・・・・

淡「たーたたたたったららー、たらっららー、らー、たららららー」

憧「この番組は、龍門渕家の提供でお送りいたします」

・・・・・・

憧「受験生の皆さん、いよいよ今月にはセンター試験、さらには二次試験や私立高校入試、公立高校入試と続いていき、まさに受験勉強のラストスパートとなっていきますね」

憧「そこであこさきゼミナールこと当ゼミナールでは周りのライバルたちに差をつけるための直前講座を行い、必勝のポイントをこっそり教えてしまいます。さあ、受験生の皆さん、メモの用意を!」

憧「それでは講師の先生方を紹介しましょう。まずは、今回の直前講座の地理・歴史分野の教科担任である宮永咲先生です」

咲「さあ、皆一点でも多くとるよー。地理は学生時代に覚えれば、実生活でも使える知識が盛りだくさんだからね。一緒に頑張ろうよ!」

憧「……方向音痴だから実生活には活かせないじゃん」

咲「ちょっと憧ちゃんっ!?」

憧「続いて、山岳地帯のスペシャリスト…高鴨先生!」

穏乃「ヤマを張ることが大事だよ、山岳地帯だけに」

憧「さらに当ゼミナール1の才女、大星淡さんです」

淡「ふふふ、100年生が教えてア・ゲ・ル♡」

憧「いきなり高校時代の制服で登場ですね」

淡「あの旅以降癖になってねー。今なら憩の気持ちが分かるよー」

憧「そして最後に、麻雀プロという一芸で生活しているこの面子とは一線を画す、インハイ経験がありながらも県内屈指の名門校出身のエセじゃない才女こと私、新子憧の布陣で直前必勝講座を行っていきます」

咲「じ、自分の売り込みだけ力入ってない?」

憧「そう?」

穏乃「ま、事実だからなぁ」

淡「アコも着る?」

憧「うーん、遠慮しとこかな」

咲「じゃあ、そんな才女の憧ちゃんは今回はどこが出ると思うの?」

憧「北陸ね。石川・富山辺りが怪しいと思うわ」

咲「あー、サイコロでいったね。地味にきつかったとこだ」

穏乃「なんでそこだと思うの?」

憧「出ます!」

淡「な、何にも説明してないのに凄い説得力だ!」

憧「さあ、では早速現地に行って講座の方を始めて行きましょう!」

・・・・・・

~0日目 移動中 企画説明~

憧「それで、今回は正式に番組ってことだけど」

穏乃「そだね。どっきりとかはないね」

咲「あ、あやしい」

淡「バラエティじゃなくて、受験生のためにやるんだよ?」

憧「本当に北陸観光するだけじゃないんだよね?」

穏乃「基本は観光するだけだよ。今日は能登半島までいって普通に一泊して、明日から2日間テストに出そうなことを勉強しつつ観光するの」

淡「海の近くだし、北陸だから寒そうだねー」

咲「制服でミニスカートはいてる人の心配じゃないね」

淡「眼鏡も持参してるよー」

穏乃「よっ!優等生!」

憧「あれ、でもスケジュールは3日抑えられてた気がするんだけど」

穏乃「観光の後は基本移動日だよ。今日と同じ感覚で」

淡「2回の苦労を経て、私たちもついに普通の観光を」

穏乃「旅館で確認テストして帰るだけ」

憧「はい?」

咲「何、テストって?」

淡「ごめん、それは私も知らないよ?」

穏乃「受験生応援企画だからね。テレビの前の受験生を代表して淡がテストを受けるって感じだよ。習ったことを覚えてるか確かめるために」

淡「えっ・・・」

憧「へー」

咲「頑張ってね、淡ちゃん」

淡「ふっ、あこさきゼミナール始まって以来の神童に任せなさい!」

穏乃「満点じゃなかったら罰ゲームがあります」

淡「え、ええっ!」

穏乃「四国にお遍路しに行ってもらいます。合格祈願で」

憧「そういうことね、頑張れー」ニヤニヤ

咲「うん、頑張ってねー」ニヤニヤ

穏乃「出演陣全員で」

憧「は!?」

咲「な、なんで私たちも?」

穏乃「教える側の責任でもあるでしょう?」

淡「お遍路なんて何か月もかかるんじゃないの?」

穏乃「車使えば3,4日で行けるらしいよ」

咲「またそういう過酷なことをしようとして…」

憧「シズだってきついんだよ?」

穏乃「え、私は普通に行きたいしね、山多いし」

咲「頑張ろう、淡ちゃん」ゴッ

憧「満点じゃなかったらどうなるか分かってるわよね」ゴゴゴッ

淡「は、はいっ!」

穏乃「私たちも満点とれるようサポートするから」

憧「しょうがないわね」

咲「よし、頑張ろう!」

憧・淡・穏乃「おー!」

あこさき水曜どうでしょうシリーズ第三弾 
試験に出るどうでしょう石川県富山県編 プロローグ 槓っ!

【136局】なんだかノッてきましタヨ?【感想】

新年あけましておめでとうございます。

…時期を外したこの挨拶。今まで何をしていたんだって感じだよ、もー。年末年始は基本ずっと移動してました。雪のせいで大変でした(泣)

また、色々ごたごたがあったり、友人と一緒に買って嵌まりそのまま自分個人用を買い直したみんゴル6やってたりと時間なくて。

ナルちゃんぐうかわ。私下手なのでインパクトある程度高い初級中級キャラしか使えない、で、そんな中でもスピン強くアプローチ得意なこの子は本当に使い勝手がいいですね。飛距離だけが若干厳しいのですけど。

さて、新年一発目はそろそろ情報が出揃いつつある、ただしまだまだ何か隠してる(って愛宕のお姉ちゃんが言ってた)ダヴァンさん考察です。

副将戦は予想に反してゆきちゃんがあまり目立てないまま前半戦が終わっちゃいましたねー。ここまではいつもの副将戦って感じ。

もっと簡単に言うと、スピードで圧倒的に勝るのどちゃんが全局参加し、ダヴァンさんと絹ちゃんが行けるタイミングで相手するって感じ。

はっちゃんタイプがいない分淡々と進んでますねー。

それもこれも、ダヴァンさんの能力が『地味』だったことが原因だと私は思います。ただ、もちろん『強い』能力ではあるんですけどねー。

というわけで、色々考えてみましょうかね。

○ダヴァンさんの能力『デュエル』

ダヴァンさんはテンパイするまではただの人。自身のテンパイ後は相手のテンパイ気配が読め、尚且つテンパイ同士の場合数局後に自分の当たり牌を相手に掴ませるという能力になります。

地味、だよねぇ。似た能力には姉帯さんの先負があるけどどう考えてもあっちのは華があるし…。どっちが強いかは好みだと思うけど。

和了筋を作る能力なので強い部類に入る能力になります。しかも条件さえ整えれば対策はテンパイを外すことだけなので、対策されても相手を下ろせてしまう分局が流せるので「決まれば」強制力もありますね。

ただ、じゃあダヴァンさんがどうしようもない強キャラかと言うと実際のところそんなことはありません。現状そんな強くないよこの子。

理由は・・・

①条件が割と厳しいこと
②条件が整っても対策さえ知っていればどうとでもなること

が、挙げられますね。大きいのはこの二つかなー。

①は今回ダヴァンさんが語った自身がそこまでついているわけではないことがその要因です。のどちゃんが使ったら脅威だと思うんだけど。

この子がいわゆる魔物たちと肩を並べるためには、魔物と呼ばれる子達よりも早くテンパイする必要があるのですが・・・

そういうテンパイを早める能力と一緒に使えないと厳しいかな。毎回使えない、しかも使えるかは運要素が絡むのが厳しいのですよね。

②は捲り合いがあることかな。姉帯さんの友引と亦野さんの能力の差と同じ話なんだけど、数巡の猶予があればどうとでも出来る気が。

それこそ、みっぽとか怜ちゃんなら捲り合いで誰かが負ける前にそっち側に差し込めると思うんだけど。どっちが和了するのが得かを考えて動けばいいし、怜ちゃんは振り込まない、かわせる等で天敵な印象だね。

さらにさらに…

③能力による縛り

も、弱点。今回の最後の13・26、あんなん即リーチなのでは。咲の子たちは強い能力を持ってるからこそ能力だけに頼っちゃう子が多いのですがこの子もその筆頭。かつ丼さん、ころたんに掛けた言葉をこの子にも。

ただ、前情報がなければ初見の相手には負けないレベルの能力ではあると思います。テンパイとったらかなりの確率で振り込んじゃうし。

○VS 姉帯さん『先負』

これは好みだと思いますが、条件成就が厳しいものの、個人的には姉帯さんの方が強いと思います。先負は多分、追いリーを掛けることが出来る状態も作れる能力だと思われるから。

対策されたときに面倒なのはデュエルの方ですが、先負でリーチを掛けさせないだけでも強制力としては十分だと思いますしね。

先負は多分デュエルの弱点になってる部分を基本的には補えてる能力なのだと思います。あくまで、多分なんだけどー。

ただ、先負よりも幅広い状況で使えるって点はデュエルのが優ってるけどね。リーチでなくても有効な訳だから。だから、好みの問題。

○総評

やっぱり「地味」かなぁ。割と早い段階で強いチームの、しかも台詞あるキャラとして出てきていたので(とーかにやられた発言があったけど冷やしとーかは作中屈指のチートだし)若干期待外れ感が…。

強いのだけどね。相手に対策を強要出来るレベルには。

一つ言えるのは、副将向きではないように思えます。出和了り前提で、点数度外視させた方が強いなら菫さんと同じ理由で次鋒が一番向いてます。

ただ、火力型で攻撃が得意な子が来やすい先鋒・中堅には置けないし、大将も厳しいので次鋒じゃないなら副将だとは思いますけど。

ハオさんが特殊なタイプなので・・・って感じかな。

前半戦は正直淡白に終わった印象。のどちゃんは牌効率を追い、絹ちゃんはチームオーダー優先の打ち筋でユキちゃんはほぼ動かず、中心にいたダヴァンさんがパッと見分かりづらい能力だったので。

あ、描写は分かりやすかったよ。カウガールかわええ。

後半戦はもう少し派手な感じになるのではと予想してるけども。ユキちゃんのターンもあるけど、ダヴァンさんもまだ何かあるって洋榎ちゃんが言ってたしね。強キャラが認めるレベルの何かは見せてくれるでしょう。

というわけで、今回書いたのはあくまで現状をみての私の感想。このあと彼女の評価がどうなるのかが気になるところですねー。

まあ、副将戦で応援してるのは絹ちゃんだけどね。

次回は一応大筋決まってたりするので間隔あけないように更新したいかなーとかとか思ってます。ではでは、今年も是非是非お付き合いを。

ではではー。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR