怜ちゃんの如く連載の先を視る試みをする回

というわけで、読書感想を挟みましたけど今回は平常運行。

まずはコメントありがとうございますー。せやねー。竜華ちゃんは本当に強い。ただ、攻略出来ないかと言われるとそうでもないんだよね。

咲は基本的には「絶対の強者はいない」というのが特徴やと私は思ってるし相性によっては強い能力でも抑え込めるくらいのバランスが売りなのかなって思っています。無双しないのがええよね、うん。

照姉は例外だけど。止められるかあんなん。

ほいで、一応私見ですが枕神怜ちゃんをまとめてみようかなって。

○枕神・怜ちゃんまとめ

まずコメントしていただいた方の言われている不合理な打牌も見通せる可能性。私的にはないと思っています。そもそも・・・

怜ちゃんは不合理な動きは予期出来ないと思います。だって、これが出来るなら一発消しが入るならリーチ掛けないもん。ずらされて空振りより掛けずに普通に和了って打点を確保しておく方が賢いでしょ?

だから、相手の意識の範囲内の動きであれば視えるのでしょうが、本来は起こり得なかった(視えた未来に対して動きを変える)卓上での動きの後は見通せないはずなのです。って本人もいってますしね。

ということは、枕神・怜ちゃんは視えた未来に対して明らかに本来の動きではないことをして和了るため「本来の動き」しか視えていないということになるのかなって。視えたものに対し動きを変えているのだから発動後の1回だけ1本しか和了筋が視えないというのも納得ですね。

なので、不合理な動きでの回避は可能だと思います。だから割と怜ちゃんは天敵になり得ますし、しろみーとみっぽは完全に天敵でしょう。

では、まとめ。

① 枕神・怜ちゃんは山が積まれた後に発動を任意に選べる。

②ー1 発動後、和了筋がなければ不発。

②-2 和了筋が存在すれば、その中で最高の打点になる道筋が視える。

このときに視えるものは1本。全員が本来の動きをした場合にこう打てば和了り切れるというものとなっています。

だから、回避自体は可能。不合理に打てばですけど。

ただし、当たり前ですが自分の手を崩す必要があるので並みの打ち手では一度止めるだけで精一杯。竜華ちゃんは既にテンパイかそれに近い状態なので枕神を避けられても有利を築けるというわけ。無極点もあるしね。

なお発動タイミングが分かりにくいので普通の子だと対策は実行は出来ないでしょう。そういう意味では回数制限はむしろメリット。

って感じですかねー。強いけど打ち方によってはやりようがあるというまさに咲の強キャラ、打ち筋といった能力です。

ではでは、ここで本題です。じゃあ、次にどんな打ち手が出てくるのでしょうか。簡単に言うと臨海有珠山に出てきそうな能力予想です。

○占有系

阿知賀編での松実姉妹や本編でも漫ちゃんが持っている特定の牌を集める能力です。一応咲さんの能力も一部はこれに属するのかな?

ドラと色と数牌はやってしまったので次に出てくるのは字牌かな?ただ、はっちゃんがいるので風牌も微妙。ということは三元牌?

うーん、大三元は四喜和に比べると和了やすいからなぁ。はっちゃんが霞んでまうし。必ず字牌を暗刻に出来るとかもありそうかな?

といった感じ。インパクトはありますし、型が出来てしまう以上絶対ではないので使い勝手はよさそうですね、このタイプは。ありそうです。

○固定手役系

まこちゃんみたいな特定の手役を得意とするタイプも出てきそうです。あわあわのダブリーとかもこのタイプに分類されますねー。

チートイとか派手な和了になりやすい役が筆頭。赤木さんの不敗のシステムみたいな強いけど地味みたいなのもいいけど。

和了形が決まっているタイプは対抗策が打てるので(その最たる例がはっちゃん)弱点があり咲-Saki-のコンセプトに合うからね。

ただ、占有系とは違い対抗策が打ちづらいのでタンヤオとか役牌みたいな汎用性あり過ぎな手役中心の打ち手は出て来ないと思いますけど。

○未来視系

特性上強キャラだけになってしまうので数は出せないけどインパクトは凄い見通す能力者です。怜ちゃん、竜華だけでなくしろみーみたいな無意識でも危険を回避できるタイプもここに分類されるのかな?

1巡先と和了筋を視れる能力が出てきているので、それこそ危険牌が読めるとかがありそう。振り込まずに回して和了切りは盛りあげられますし。まあ、有名どころの能力なので違う意味で使いづらいですけど。

ただ、どうやっても怜ちゃんの劣化に成りかねないんですよね。私は枕神は怜ちゃんの劣化だと思ってますし。汎用性高過ぎるもんあの能力。

○能力無効化系

咲全体を通してみると能力無効化が少ないんですよね。とーかとしずとはまた違った支配を持った子が出てくるかも?

塞ちゃんみたいな支配じゃなくてピンポイントで止めれる子とかは使い勝手いいと思うんだけどなあ。例えば何かをさせないとかとか。

その打ち手の打牌は絶対に鳴けないとか地味だけど見せ場は作れそうやし、打点に制限を掛けるみたいなタイプも面白いかも。

○全体支配系

ころたんのイーシャン支配とかあわあわの絶対安全圏とか。これに変わるインパクトとなるとかなり苦しいですけど。一応。

・・・こんな感じかなあ。個人的予想は臨海は能力者集団、有珠山はブレインがいるチームなのであるとしたら臨海で数人な気がします。

本命は固定手役かな。で、派手さがあってとなるとチートイを得意とするタイプとかはありそうです。個人的にはチャンタとか渋めの子が出てきて欲しいけど。「鳴くっていったらそういうことだ」とか言って欲しい。

能力無効化もありそう。支配ではなくピンポイントで使える塞ちゃんタイプで上手く打ち回して善戦するけど結局咲さんにやられるとかみてみたいですねー。無効化の支配まで言っちゃうと少し強過ぎだろうしね。

と予想しておきます。妄想なので外れる気がしますけど。

わ、私は連載の1巡先とかが視えるわけではないから・・・(震え声)

今回はこんな感じで締めなのよー。ではでは。
スポンサーサイト

七回死んだ男

久々の読書感想ですよー。咲-Saki-カテゴリじゃない記事は久しぶりだね。とりあえず咲記事へのコメントは咲記事で返しますねー。

一応ですね、読書してなかったわけではないのですよ。感想あげてないだけでそこそこにはマイペースに読み進めてたんですよぉ。

でね、今回の作品は感想書かなあかん(使命感)という状況になりましたので重い腰をあげて筆を取らさせて貰おうかなって。

というわけで今回は西澤保彦先生の代表作『七回死んだ男』の感想を書かせて頂きます。設定、話の進め方、全てが美しかった、今回も。

ちなみにうちのブログでは前に『人格転移の殺人』を扱ってます。こちらも名作ですので、是非是非読んでみてください。作品も感想も。

ではまずはあらすじを紹介しておきましょう。

親戚が一堂に会する新年会。しかしながら全く楽しくない。そこにあるのはどろどろとした人間関係。少し訳ありな家族。そして少しどころじゃない体質を持った主人公。彼は度々同じ日が何度も続くという不思議な現象に巻き込まれることがあり、それが新年会中に起きてしまう。

今回も無難に過ごそうとする主人公だが、起きるはずのない殺人事件に遭遇することに。その殺人を防ぐために奮闘するのだが各周ごとに違う犯人によって祖父が殺されてしまい・・・。

感想としては、さすがと言った感じ。人格転移を読んだときになんでこれが代表作じゃないんだろう?七回死んだ男そんな面白いのんと少し不可解に思ってたんですけど、こういうことかい。脱帽です。

設定は人格転移よりも単純ではあります。でも、単純なネタ的にはこっちの方が面白いです。むこうはなんだかんだ気付けたからね。

もちろん、SF要素満載の設定です。前回は「仮面舞踏会」でしたけど今回は「反復落とし穴」です。要はループものなのよー。

○「反復落とし穴」のルール

落とし穴にはまるタイミングは不定期で予知できない。

ハマったら同じ日を9回繰り返すことになる。

正式に事実として残るのは9回目の出来事である。そのため、前8回分に起きた出来事はどんなことでもは主人公以外は認識できない。

主人公の行動次第でその日に起きる結果は変わり得る。ただし、前と同じ行動を取れば同じことが繰り返される。・・・って感じ。

で、反復する・・・のだが、何故か一家の主である祖父殺害事件が発生する。しかも阻止しようと動いても違う誰かが祖父を殺してしまう。

主人公は自分が行動を変えてしまったために祖父は死ぬことになったのだと思い、彼を救うために一人奮闘することに。

まず、人間関係がもうね。だって、主人公とヒロインさん以外は全員殺害の動機があるんだもん。こんなん一回救ったってそのうち誰かがやらかすよ多分。それでも憎めないのが西澤作品のいいところなのかもだけど。

え?ヒロイン?居るに決まってるやん。人格転移があんな感じなラストだったんだからこの作品でも当然そういう要素はあるでしょう。

で、あのラストですよ。言われてみれば確かに伏線は置いてるんだよね。小説の形態的にもやりやすいのに全然念頭に置いてなかったよぉ。

人格転移が分かりやすかっただけに警戒が薄かったかも。ただ、普通に警戒しながら読んでも見逃してしまいそうだけどね。

正直やられた感は半端ないですよ。こういう驚きがあるから読書は止められないんです。合わない人には合わないかもだけど。

さて、解説が興味深かったので少しだけ触れます。

西澤先生はこの作品を変化球と称しておられます。SF要素を取り入れた「本格」ミステリだけど直球ではないとのこと。

うーん、確かに変化球でもあるんだけど論理構成的にはストレートな気がしなくもないんだよなあ、私的には。

有名どころの変化球ほど大仕掛けな訳ではないし、設定は突飛だけど話の持っていき方はきちんと筋を通していると思いますし。

もちろん俗にいう叙述トリックも筋は通ってると思いますけど。

ファストボール的な。それこそ少しだけ動くみたいな球に近いかも?本格派の投手とはまた違った面白さって感じですかね。

って感じで今回は締めです。久々書いてみたけどどうだっただろう。私が読書感想書く時は結構気を使うんだけど今回も、少しだけ。

ネタばれ回避の要素もあるんですけど。それ以上に折角作者さんが技巧を凝らしてるんだから短い感想文でそれをぶち壊さないように。

正直ネタばれよりも言葉の選び方ひとつでそのトリックがフェアじゃなくなる方が私的には嫌ですし。じゃあ感想書かなければって話ですが

誰かに、何かに話したくなってしまうのですっ!

だから、これからも定期的にやりますよん。ひとまず今回は、ではでは。

【道筋理論】未来視たちの弁証法

タイトルの元ネタは封神演技です。弁証法ってなあに?

最近竜華ちゃんばっかりやってますけど一応これで一区切りにしようかなって思います。というわけで久々の道筋理論ですよんっ!

その前にまずはコメントありがとうございますー。千里山は全国強豪の基準にしやすいチームですね。姫松も漫ちゃんの爆発がはっきり描かれましたのでそのうち比較記事もやってみたい所存ー。

で、竜華ちゃんと怜ちゃんの対決結果予想を今回やってみます。

さて、竜華ちゃんは無極点にしろ枕神にしろ(どっちもかっこいいなぁ、オイ)「作る」能力ではありません。何故なら積まれた山が動かないという前提で、山を積まれた後に能力を使用しているからですね。

つまり無数にある道筋の中から相手の和了の道筋を選ばないのが「無極点竜華」で最高打点の和了への道筋を視るのが「枕神・怜ちゃん」です。

この能力なんですが、組み合わせれば普通に強いです。最強候補の一角だと思います。守備。攻撃のバランスがすばらっです。

ただ、単体でみるとどちらも上位互換があるとやっぱり感じます。

○枕神の隙

枕神に関してですが、確かに他家が普通の打ち手なら完勝出来るでしょう。圧倒的支配を持つタイプには発動が出来ないでしょう。

ここまではいいんですが、発動したら止められないかというとそうでもない気がします。何故なら、竜華ちゃんに視えている道筋が一本だけ、しかも発動後に1度しか視えていないからですね。

で、ここからは「牌山は動かない」ところが大事なんですけど道筋理論的に不合理な打ち方をすれば道筋を逸れることが出来ます。

なので、竜華ちゃんが視た道筋を不合理な動きで逸らせばいいのだと思います。発動タイミングが掴めないのでその不合理な動きが難しいところなんですけど、絶対に出来ないかといわれるとそうでもない。

だって、描写的に絶対河がおかしいことになるもの。だからかわすことは可能だと思います。まこちゃんとかなら純君タイプならおそらく。

あれは自分の最高打点の和了筋一本を視ることが出来る。おそらく他家の仕掛けも考慮されたものなのでしょうが考慮されているのは視えているものがひとつである以上1種類だけなので・・・。

最高速度なら不合理な鳴きの出来る試行回数が稼げないので止められなさそうなんですけど、そうではないと怜ちゃんが言っちゃいましたし。

○無極点状態で枕神を使った竜華ちゃんの攻略法

データ整理から。まず振り込まない。そしてかなり正確に相手の和了牌を読み切っているようです。そして、ひとつの和了筋を見極めて高打点を稼いでくる。・・・強いっ!

まあ、枕神発動したら無極点あんまり意味ないんですけど。

じゃあ、どうやって攻略するのか。

まず、枕神を封じる必要があります。なので不合理な動きをする必要があるんですけどそれだと止められても自分の和了を捨てることになります。・・・普通の打ち手なら、ね。

不合理な動きをしつつ和了に繋げられる打ち手なら枕神を抑えつつ打点を稼いでいくことが出来るかなと思われます。

ただし、竜華ちゃんには無極点があります。もし、枕神をかわされたとしても振り込まない。そして相手の手恰好が分かっている以上竜華ちゃんがその和了をかわしにいくことも出来るはずなんです。

ということは、枕神を不発にさせつつかわし合戦に勝つ必要があります。

○VS園城寺怜

じゃあ「選ぶ」能力の最上位のキャラである1巡先が視える怜ちゃんと直接対決するとどうなるのかというのを考えてみましょう。

怜ちゃんは枕神の和了を先に視ることが出来るのでかわすことはおそらく出来ます。ただし絶対ではないですけど。

かわし合いに持ち込めば手牌構成を知ることが出来る無極点竜華と自分のツモ牌と相手の動き、和了形が視える怜ちゃん。互角なんじゃないかな?

確実性があるのはおそらく怜ちゃんの方です。が、怜ちゃんは不合理な動きを入れた後。で、竜華ちゃんは枕神をかわされても最悪でもイーシャンテンの段階という状況。状況は竜華ちゃん有利。微妙だこれ。

もちろん怜ちゃんが枕神を警戒するように怜ちゃんの一発は警戒されるでしょうからお互いにメインの武器は封じられる可能性が高い。

回数制限がなければ竜華ちゃんが圧勝しかねないです。が、使えるポイントが限られてくる能力な以上おそらく小競り合いになるのかなって。ならテンパイ速度的に攻撃回数が多くなりそうな怜ちゃん有利な気はします。

もちろん、道筋によってはかわしようがなくて枕神を決め切ることもあるでしょうし、それは怜ちゃんの一発にも言えるので五分五分っぽい。

○VS小瀬川白望

怜ちゃんと並んで「選ぶ」能力の代表格にしてうちの嫁、しろみーです。

昔怜ちゃんとしろみーどっちが強いのって記事を書いたことがあるんですけど、そのときは互角なんじゃない?って結論になりました。

じゃあ、竜華ちゃんとしろみーも互角なのかと言われると、おそらくそうではありません。これは怜ちゃんとしろみーの能力の違いからの推測なんですけど、おそらくしろみーが圧倒します。割と高い確率で。

私の個人的見解なんですがしろみーの能力は視える系ではなくまさに道筋を選ぶ能力なのです。おそらく「常に最善の道筋を選ぶ」というもの。

和了筋がなければ、和了れないのは枕神と一緒。

ただし、この子は和了筋を選ぶ能力ではなく自身に最も得のある道筋を選ぶ能力者だと思われます。攻撃面よりも守備面が強い能力。その辺は昔の記事で一杯語ったので今回は割愛しますけど。

何が怜ちゃんと違うのか。枕神をかわしにいけるタイミングが1巡前ではなく、もっと早い局面から動きだせるという点ですね。

そして自分ではなく相手を動かすことが出来るという点が圧倒的有利なポイントです。これは姫様に鳴かせた5pからの予想。

自らの手を崩しても、鳴きを入れる必要がない分手を再構成しやすい。だから枕神をかわした後も自身の手を作りにいけるのです。

そして、しろみーは基本的には手役を作ってのツモ和了が武器になってきて、しかも怜ちゃんと違ってツモるタイミングが分かりません。

無極点は相手の和了に振り込まないがメインになる能力だと思われるのでしろみーの能力とは相性が悪いです。

和了筋を選ぶ部分はほぼ同じ。ただしろみーはそれだけで留まらない分一方的に枕神をかわせて自分が和了りを拾える。しかも回数制限なしで。

なら直対の結果はしろみーのが有利でしょう?

○VS福路美穂子

では、みっぽはどうでしょうか?個人的に彼女の能力は「選ぶ」能力で場況を整えて、条件が揃えば「作る」能力で和了りを連発するものだと仮定しています。開眼が条件ですが、目を開くだけやし制限はないでしょう。

みっぽに視えているのは他家全体の手牌構成、さらにそこからツモ山に何が残っているかを見極めることが出来る。他家を使って自分に有利な状況を作り、何かしらの条件をクリアすると連続和了。

強い。もちろん、想像の域を出ないのですけど。

この子を相手にするとどうなるのかというと、小瀬川白望と同じ理由でおそらく勝てないと思います。他家を使えるというのが大きいです。

しかもこの子の場合連続和了に関しては自分で「作る」能力だと思われるので別にかわした後に自分が和了切る必要はないのです。

条件さえ整えればいいんだから。

そう考えると『兎』の新庄香那ちゃんに似てるなあ。

といった感じ。ただし、無極点の使用時間によっては竜華ちゃんはこの3人全員に圧勝する可能性も秘めている気もします。

麻雀だからね。やってみなきゃ分からないよね、うん。

というわけで牌譜はよ。

といった感じで今回はお開きですよー。次回は漫ちゃん絡みで何かやろうかなぁとか考えつつ、ネタ記事でもいいなとも思いつつ。

ともかく、次回もお付き合い頂ければ。ではでは。

ここに、怜を感じる・・・

咲「崇め奉りなさい」

って言わせればよかったなあと記事投稿してから思った前回。

コメントありがとうございますー。「私はアイドル」もいい曲ですねー。

ちなみに、私がアイマスで好きなのは響ですね。うがーっとか言わせたいさー。にいにって呼ばれたいさー。組み合わせだったらはるみき。

あと、新道寺オーダー検討の方にコメントくださった方もありがとうございますー。そうだねー。あわあわともやりづらいでしょうね。最初に縛りが決められないっていうのはかなりきついね、哩ちゃんには。

さて、本来であれば書け麻絡みの時は煌ちゃんとの対話形式なんですけど、今回のメインは竜華ちゃんの色んな考察でいきたいのでこのまま普通に一人語りするさー。というわけで、私を負かした方の紹介です。

○ああ、あの牌?様 

最新記事は『しんどーじ』ですねー。日和の感想記事です。

さてさて、アンテナさんから飛んできてくださっている方はご存じだとは思いますけどアンテナ杯の優勝者さんのブログですねー。

うちと似たタイプ(とはいえクオリティはむこうの方が断然上ですが)のブログさんで色んな事に手を出しておられますね。考察をやってみたり、ネタ記事を出してみたり、感想を書いてみたり。

そんな中今回は咲日和の感想記事です。うん、やっぱり新道寺は皆可愛いなー。単体というよりチーム5人で輝く感じですよねー。

作品の空気を壊さず、なおかつ的確で、自分の色を持たれている感想記事だなぁと感心してみたり。まさにすばらな記事だったと思いますー。

ちなみに提供お題は「台湾式麻雀」でしたー。あれ面白そうだよねー。私昔むこうぶちのSS書いてるのでよかったらどうぞっ!

○妄言郷様

最新記事は『新道寺どーすっかなー』でした。新道寺人気だね。

と、思ったら新道寺のカードねえじゃんっ!!!

というわけで最近マジック・ザ・ギャザリングと咲のクロス記事をよく書かれているブログさんですー。実は咲特化じゃないんですよね。うちと同じですね。・・・えっ?う、うちは読書感想ブログだから(震え声)

えっと、ギャザは会長(うちのブログにたまーに出てくる私のリア友その2ですね)の領分だから私は分からないんですけど・・・

とりあえず咲さんと憧可愛い。そして最初のカードはカードゲームほぼ知らない私でもやばいカードなことが伝わるで。さすが咲さんや。

昔コロコロで読んでた気がするんだけどなぁ。全然覚えてないなあ。色で統一するのんかな?じゃあまこちゃんは緑だねー。

ブロガ-さんの中ではかなり仲良くさせていただいている方なので、というかうちのブログ結構紹介してくださってますし、これからもよろしくなのよー。こ、今度は負けないからなっ!

ちなみに提供お題は「アイドルマスター」です。採用っ!というか、私よりはやくこの書け麻について記事にしてる・・・。仕事速過ぎぃ!

○すばらな人生様

最新記事は『すばらな人生が独断と偏見でオススメする咲-Saki-МAD』ですー。ここも色んな取り組みをされてるブログさんですねー。

今回はニコ動の中堅咲-Saki-MADを紹介する記事ですー。

というわけで、みてきた。

個人的につぼだったのは、まずダイレンジャー元気体操。合いすぎぃ!こういうくだらない面白さがニコ動の楽しさだよね。

次はレールガンの阿知賀編のやつですねー。クオリティ高いです。そしてタイトルの嶺上開「砲」という細かい気配りがいいですねー。

最後にウィーアー!初っ端のハルちゃん合いすぎぃ。そして途中のSEがまた秀逸。くだらないことに全力を注げるのってかっこいいです。

って感じかな?ここで全部書くとひとつの記事になってしまうのでこの辺で。でもでも気付けないからこういう紹介記事はありがたいです。

ちなみに提供お題は『京太郎「モバマス?ちょっと始めてみるか」です。

って感じで前置き終了です。い、一応この日は2戦して1戦目はトップだったから・・・(震え声)魅せて、勝つが個室のテーマなんですけどハマらないと厳しいねー。目指せ、ミーコです。

そこは咲キャラをあげろよといった感じですけど。

さて、本題。竜華ちゃんについての補足ですー。

○枕神・怜ちゃん

一応最初に。私は「道筋理論」という考えをこのブログで提唱していまして、それは「牌山は動かない」を前提条件にして咲キャラの能力を「作る」と「選ぶ」の二つに大別しようというものなのです。

結構長いシリーズ記事なので興味ある方はとなりのカテゴリにある道筋理論まとめから各記事に飛んでいただければちょーうれしいよー。

で、枕神は「選ぶ」能力に該当するのです。

私は「選ぶ」」能力の強さは守備力にあると思っています。こちら側に大別される子で上位のキャラは驚異的な守備力を持つ子ばかりです。

で、その子たちに比べると枕神は一段下がるのかなと思っています。

何故なら回数制限があり、なおかつ攻撃特化、不発かどうかはやってみないと分からないという意外と使い勝手が悪い能力だからです。

守備面も確かにベタ降りは出来るでしょうけど、ベタ降りというのは消極的な守備方法です。絶対に必要な技術ですが基本であって(とはいえ難しいんですけど)能力としてとらえるとそこまでかなって。

自分以外の誰かが和了ることは分かるは確かにメリットです。

だって、麻雀は基本選ぶことを強いられるゲームだから情報は多い方が強いんです。これは当たり前。ただ、受身の選択しか取れず振り込まないことが確定する能力ではないので守備力は低いと思います。

ちなみに「選ぶ」の上位能力者は怜ちゃん、しろみーというまさに「選ぶ」能力の代表の他に照姉(この子は「作る」とのハイブリット)やみっぽ(考察不十分。牌譜はよ)なんかが挙げられると思います。

もちろん、和了確定系なので強いんですけどね。

ただし、前も言いましたが怜ちゃんは発動すれば絶対和了れると言ってましたが多分違うんじゃないかな?最速ではなく最高打点の和了への道筋が視える能力なので、隙はあるのではと考えていたり。

○無極点竜華

竜華ちゃんもうひとつの武器にして最大の武器。サポート的意味合いが強い能力で枕神との相性が良すぎます。はっきり言ってこれが明言された以上は竜華ちゃんは作中最強候補のひとりになったのかなって。

どちらも制限があるのが痛いですけど。

簡単に言えばみっぽと同じようなことをしているんですよね。ただし、体温やら何やらを視ているので精度は上なんじゃないでしょうか。

というか同じようなことを常時やってるみっぽつえー。さすが私が照姉にタイマンで対抗出来得る作中最強候補筆頭のひとりだと思ってる子やわ。・・・いや、闘牌描写が足りないから想像でしかないんですけどね。

おそらく回数制限ではなく、漫ちゃんみたいないつこの状態に入れるか本人も分かっていない無意識発動型の能力ですね。

漫ちゃんと竜華ちゃんは違うタイプという考察をしたことがあるんですけど、こんなところに共通点がといった感じです。

発動任意だったら本当に強キャラなのに。枕神がいるから照姉も抑え込める可能性があるし。まあ、強過ぎるからねしょうがないね。

○竜華ちゃんの千里山内での序列

エースは怜。旧エースはセーラ。

これは仕方ないです。何故なら最高状態もとい無極点がランダム発動だと考えられる以上常時強い二人よりは下とみられてしまうでしょう。

ただ、この子はおそらく無極点がなくても守備力があります。

で、枕神という最強に近い矛を手に入れました。

この現状だけ考えるのであれば普通にエースだと思います。怜ちゃん、セーラよりもワンランク上の立ち位置にいける気が・・・。

ただどんなに強くても、怜がオールマイティとはいえ大将には若干不向きなこととセーラは先鋒中堅タイプであることを考えると大将で固定なんですけどね。後輩二人は完全に技術戦専門っぽいですし。

っていったコメントからのさらに妄想で今回は締めです。

次回は未定です。お付き合い頂ければ嬉しいです。ではでは。

美少女にはアイドルソングが似合う訳で

今回はネタ記事でございますー。ふふふ・・・また負けたんさー。あの闘いに。というわけで番組内容を少し変更してお送りしますー。

ちなみに本来の予定は竜華ちゃん考察補足編だったんですけど、それは次回に回すということにさせていただきますー。

というのもですね、こんなコメントを頂きまして・・・

枕神が守備に生かせないというのは、おかしいと思います。

上がりが確定すれば、絶対にあがれる=振り込まないですし

上がりが確定しなければ、テンパイや回し打ちをいっさい考慮せずに最初からベタオリに専念できるため、守備にも生かせると思います。


せやねー。完全に言葉足りずでした。簡単に言うと「その力の源になっている怜ちゃんと比べて」が抜けていたのです。

いかんせん考察する時に道筋理論前提で話を進めることがあるので気をつけないとねー。私の中だとこうだっていう決め付けが結構あるかも。

これに関しては次回詳しくやりますー。あ、無極点竜華もう少し考えてみる予定ですので是非是非お付き合いください。さらにさらに千里山全体に関しても少し触れたいなあとか思いつつ。まだ思ってるだけだけど。

とにもかくにも皆さまコメントありがとうございましたー。

さて、本題。まあ、どんな感じで負けてどんなお題が出されたのかは次回の竜華ちゃん考察の冒頭をお借りするとして、今回のテーマは・・・

『咲キャラに合うアイドルソングを少しばかりー』ですっ!(どんっ!

このご時世、色んなアイドルが乱立している訳で、その中には色々な名曲がある訳ですよー。なので、これあのキャラに合うなぁとかをなんとなーくやってみようかなって思うんだよもー。

○片岡優希

夢に出てくるくらい、その男の子を意識してしまう。悩みに悩んで、ついにその思いを伝えようと決心する。すぐに貴方の元へ。

彼女らしく思いっきりペダルを漕ぐ。勢いよく進む。

このウジウジした気持ちが、ドキドキする心が。でもこの思いを貴方に届けるまでは、ブレーキは踏まない。止まらない。

「ちょっと私の話を聞いて欲しいんだじぇ」

「私は、お前のことが・・・」

言いたいのに言えない。でも、伝えたい。

ぎゅっと抱きしめた。本当に好きだから。

「好きだじぇえええええええええええええええええええええええええ」

いいっ!恋する乙女が一番似合うのはこの子だよね、うん。

え、何?AKB?モモクロ?ああ、まーた言葉足りずやったね。アイドルソングの間に「マスター」って補完しといてくださいな。

というわけで一発目はアイマスで一番好きな菊池真の名曲「自転車」でした。たまーにループ再生すると好きだって言われ過ぎてたまらん。

中の人的に違う曲でも良かったけどこれが一番しっくりきたのです。

今回はずっとこんな感じで、しかもオチとかもなしで進んでいくからね。

○宮永照

泣くことはたやすいことだけれど、この別れは私が選んだものだから。貴女と過ごした楽しい日々は忘れない。でも、昨日にはもう、戻れない。

いつかこの選択を後悔するときが来るのかもしれない。でも、私は進む、行くべき場所へ。貴女の手から離れて、貴女を置いて先へ。

前をみて、遥かな夢へと、私は飛び続ける。

咲さんに向けた歌って感じにしてみたけどどうだろう?

もちろん、今は孤独ではないだろうし別れの原因が何かは分からないからなんとも言えませんけど、なんとなく合う気がしませんか?

というわけで照姉には如月千早の「蒼い鳥」を。

ちなみに管理人的には蒼い鳥はアニメバージョンの方が好きです。アニメからアイマス知った勢なので元曲はじれったく感じてしまうのです。

○天江衣

衣は衣でいたいだけなのに。

ただ、皆で笑っていたいだけなのに。

だけど、衣と打った相手は皆世界の終焉のような顔をする。それでまた、衣はひとりぼっちになる。なれなくて、出来なくて涙を流す。

「どうか負けないで。自分を信じて。大丈夫ですわ」

夜が闇で空を消しても、あの花のようにあの子は花を咲かせた。

「衣は今晴れやかな気分なんだ」

「あのとき衣は勝ちよりも確認することを望んだから」

衣は、独りぼっちなのかどうか―――

「トーカの言った通りだった。衣にも友達できるかもっ」

「じゃあ、俺達は友達じゃないっていうのかよ」

「きっかけは関係ない」

「僕は衣や皆のことを友達で家族だと思ってるけど」

でも衣はお姉さんだから、あんまり甘えられないんだ。

「私たちの前ではいつでも素直でいてくださいまし。楽しい時には笑って、不安があるのでしたら思いっきり泣いてごらんなさい」

朝日を浴びて出来る影のように、喜びという光と悲しみという影は常に一緒に抱かれている。でも、あなたらしい光を、愛しているから。

もし独りぼっちという夢が朝になっても続いているのなら、負けないで。止まらないで。明日を迎えにいってらっしゃい。

・・・なんか積め込み過ぎて訳分からんくなってきた。

ただ、この曲は何故かりゅーもんさんとこが思い浮かんだっす。

というわけでころたんというか龍門渕は音無小鳥で「光」です。

○宮永咲

ひとりの意味を知った。卓上に風花が舞う。

私が抱いていた楽しい家族の幻想はふわふわと頼りなげに消えた。過去が明日に代わり、吸い込まれる未来に心を覆う闇は消えることはない。

今を生きるため、失っていく世界。全て包む闇が優しく呼んでる。

きっと脆くて愚かな心が、このまま囚われていく。

光の外へ心は向かっていく。そこに何があるの?高く高く目指す景色の果てに。たとえそこに何もなくてもいい。狂おしく抱いた夢に

どこまでも、堕ちていく―――――

寂しい景色から逃れるために、追い詰められて言葉をなくして思うのは心の中で散って行った希望と卓上を支配する風と花。

・・・どうやろか。段々自分が何を書いているのか分からなくなってくるくらい中二エッセンス全開の記事になり始めてますが。

ただ、この曲「風」とか「花」とか「照らす」とかもうあの姉妹を彷彿とさせるようなワードがちりばめられているのですよー。

というわけで咲さんは四条貴音で「風花」です。

「I Want」じゃないの?とか思った人は廊下に立ってなさいっ!

○国広一

どんなデキゴトも越えてゆける強さ

どんなカナシミも洗い流す強さ

どんなサカミチも笑いあえる強さ

キミがボクにくれた。

どんなヨロコビもキミと分かちあえる

「はじめまして。ボクに出会ってくれてありがとう」

短めですけど。一ちゃんには竜宮小町で「七彩ボタン」で。本当はモモと悩んだんですけど、やっぱりキミとボクの歌なので。

名曲だよねー。個人的には雪歩バージョンのが好きですけど。

○エイスリン・ウィッシュアート

私に声を掛けてくれた貴女。一生一度のチャンス。必ずモノにする。失敗を恐れていたら、何も手に入らない。アタックしよう(カキカキ バッ

「皆で地区大会に出て、入賞しよう」

スピード上げて時代を超えよう。素敵な未来がきっと待っている。希望の声が聴こえてくるよ。ゴールは近い。 あと少し走ろう。

何も関心持てず、無気力なまま毎日過ごしてた。だけど今日これからは止まってられない。個性丸出しで貪欲に生きるの。

キャンバスを広げ描いてみよう。自分の理想を。恥ずかしがらずに素直な気持ちで。自由な色で描いてみよう。必ず見える。新しい世界。

みんなきれいだね。とてもきれいだね。

うん、ほぼ歌詞100%コピペしただけなんだけどしっくりくる。

というわけでエイちゃんは「Colorful Days」ですー。

・・・・・・

ネタ切れ。今回はこんな感じでどうでしょう?いやあ、アイマスいっぱい曲あるし、咲には名キャラクターが一杯いるのにこれだと思える組み合わせが私の中では全然見つかんなかったよー。

一応、没ネタ集も一行で少しだけご紹介。

竜華「側におるって約束したアンタは、嘘つきやんな」

――――――――――――――――――三浦あずさ 「隣に」

美穂子「じゃあねなんて言わないで、またねって、言ってください」

――――――――――――――――――星井美希・如月千早「relations」

穏乃「歩こう、果てない道でも。夢を叶える。和と、また遊ぶんだっ!」

――――――――――――――――――如月千早 「約束」

久「ペテン師?恋どろぼ?なるほど、酷い言われようだわ」クスッ

――――――――――――――――――竜宮小町 「Smoky thrill」

原作よりも2次創作寄りの一言ネタでした。

しっくりきたのはこんな感じかな。ここには載せられないようなやつも候補に上がってたりしたんやけど。ジュピターさんの名曲をハギヨシさんで想い人(意味深)への愛を語ってもらうとかとか。

うん、この辺で締めようか。好きなアーティストでやってみるのもええかも。アイマスもネタが貯まったらもう一回やってもええかもねー。

次回は竜華ちゃんの考察プラスαということで。ではでは。

らしくなくなるんがインハイなんかも

まあ、その言葉通り新しい力が芽生えるわけですが。

というわけで今回は竜華ちゃんの最高状態についての一考察がテーマでございますー。アニメ最終回で描写が入ったおかげで少しだけ素の清水谷竜華について妄想の幅が広がったからね。

その前にまずはコメントありがとうございますー。染めはみえみえになるのが完全にデメリットではなく、メリットも大きいのかなと思いますー。

私は多用しすぎですけどね、うん。

さてさて、竜華の考察なんですがとりあえず過去記事をば。

・・・どやあ。

やっぱり「平均獲得素点が関西随一」でも漫ちゃんとは全然違う能力、打ち筋だったでしょう?これが随一ということは普通は漫ちゃんと同じではなく、勝つ時は大勝ち、負ける時も失点が少ないタイプなんですよ。

で、例のサーモグラフィですよ。最高状態に入ると相手の体温等などからテンパイかどうかとかおそらく打点はどれくらいかとかを測っている可能性が高いということが分かりました。そりゃあ守備力高いはずです。

ただ、どこまで「視えて」いるのかが結構気になるところ。

何故なら西単騎一点読みはテンパイかどうか、打点が高いかどうかが分かるだけでは絶対に出来ない芸当だからです。

だって、チートイツでオタ風トイツ持ちの西を切らずに同じくトイツ持ちでしずと持ち持ちだった南を切ったんですから。

危険度で言えば南も西も変わらないはず。むしろ打ったら役が付く可能性が異常に高い南よりもオタ風の西を打ちたくなる場面。

まあ、河がチートイ気配なら生牌の役牌よりもオタ風のが危ないという読みは分かるんですけどねー。それにしたって手役はきっちり読めているということになりますし。普通に異常なレベルの読みです。

それに4s槓が入っている以上チートイの待ち牌として優秀な牌は普通よりも多い状態。そんな中で一点で読んで止め、和了切っているのです。

ということは体温読みからテンパイ、打点が分かる以外にかなり精巧な場況読みが出来る子であるということですねー。

守備面で言ったら作中最強クラスの打ち手なのかもしれません。しかも回し打った結果きっちり和了り切っているというのも高評価です。

さらにさらに、セーラがこんな発言をしているのです。

「竜華にも有効なんや、すごいな」

これはあわあわの5シャン支配をみた時の感想。今まであげた守備面での能力だけなら竜華「にも」なんて言い方はしないはずなんです。

ということは攻撃能力もあるということ。予想されるのは配牌とツモが常人よりもいいという感じでしょうかね?

平均獲得素点が高いんだから、漫ちゃんと同じように爆発的能力も持っているということなのでしょう。さらにこれにプラスして守備力もあるといった感じではないでしょうか。

・・・あれ、普通に強くない?怜ちゃんいらない気が。

守備面だけみれば怜ちゃんとの相性は抜群なんですけどね。怜ちゃんは未来が視える能力なのに守備にはほぼ生かせませんからね。

本家と違って守備的な要素が少ない枕神は素の竜華との相性は抜群。ここまで読んだ上で竜華に合う形として枕神を渡していたとすると、あの病弱な子は相当な策士だったということに。さすが1巡先を視る者やでぇ。

さて、ではまとめます。最高状態の竜華とは・・・

自身の点棒を極力削らせず、正確な場況読み、牌姿読みから確実に和了りを拾う、もしくはかっさらう子であるという感じです。

さらにこの守備的能力に加えて攻撃要素もありそう。

さすが名門の部長。素でも全然強いやんといった感じで今回は締めです。もちろん、二人の愛の絆の証しである怜ちゃんも私は大好きですし、彼女にとっては大切な力だとは思いますけどねー。

ほな、千里山本編再登場を期待しつつ、ではではやでー。

他家を恐怖で染め上げるんじゃ・・・

和「なんか、魔女みたいですね」

まこ「そうかの?」

と、いうわけでポケモン新タイプ情報でうちのボックスのサーナイト大活躍を夢見ている管理人です。ラティにタイマンデ勝てるサナさんとか・・・。強過ぎぃ。ドラゴン抑えられるようになるのは大きいね。

いきなり脱線でした。今回は京ちゃん麻雀教室シリーズでいきたいと思ってます。竜華ちゃんの最高状態と迷ったんですが先にこっちを。

その前に、まずはコメントありがとうございますー。やえさんは考察データが少ないから不明だけどみっぽは確実に出来そうですねー。

もともと私はみっぽは作中最強候補だと思ってたのでこのレベルとなるとやっぱり辻垣内智葉は咲史上に残る強キャラの可能性が高そう。

しかも、このままきちんと強さを描写してくれそうなのがすばらっ。

ではでは、前置きはこのくらいにして、よろしくースタジオの皆っ!

・・・・・・

咲「京ちゃんのためのー」

和「初心者のためのー」

京太郎「麻雀講座っ!」

咲・和・京太郎「わーぱちぱちぱちぱちっ!」

咲「早速ゲスト紹介ですー」

和「今回はテーマが頼りになる役~染め手編~となっていますので私たちの先輩である染谷先輩に来ていただきました」

まこ「よろしゅう」

京太郎「でも染谷先輩には悪いですけどそんなに頼りになりますか?」

和「はぁ・・・」

咲「まったくもう、まったくもうだよ、京ちゃん」

和「すみません染谷先輩。全然指導が行き届いてなくて」

咲「京ちゃんには後で教育的指導をしておきますので」

京太郎「い、いやだ、ずっと固定席の徹麻なんてもうやりたくないっ!」

まこ「いや、別にそこまでせんでも」

まこ「ま、京太郎の言いたいことも分かるしの」

京太郎「そ、染谷先輩ぃ~」

まこ「大方見破られやすいとかそんなとこじゃろ?」

京太郎「そうです。警戒されるじゃないですかっ!」

和「……ま、須賀君ですからね」

咲「仕方ないなあ。京ちゃん、前回の講座の内容は覚えてる?」

京太郎「リーチの強さについてやったやつだよな?」

咲「じゃあ、なんでリーチが強い役なんだっけ?」

京太郎「え、えっと・・・」

咲「はい、じゃあこれを読んで復習してね」

和「役の強さには3つの要素があるんでしたよね?まずは打点。これは単純な役の強さの指標になります。次に使い勝手の良さでした。どんなに打点が高くても難易度が高い役は使いにくいんでしたね」

咲「そして3つ目が相手への強制力だよ。染め手をみたら警戒されるってことは、すなわち相手の手に制約を掛けているのと同じじゃない?」

まこ「警戒を呼ぶこと、実はそれが染め手の最大のメリットにもなりうるんじゃ。相手の手を止めながら闘えるんじゃから」

京太郎「な、なるほど」

咲「もちろん強制力だけが染め手の魅力じゃないよ?」

和「染めは打点もホンイツで面前3翻鳴き2翻とそこそこのものを持っていますし、なおかつ使い勝手が他のほとんどの役よりもいいんです」

まこ「全体役じゃけぇ、様々な役と絡めやすいからの。打点も取りやすい上にタンヤオの次に汎用性があって、鳴いても高打点に出来るんじゃ」

京太郎「全体役?部分役?一部分だけで役になってくれた方が使い勝手がいいんじゃないのか?だって揃える牌が少ないんだから」

和「呆れて何も言えませんね」

咲「さすがに初心者でもそれはどうかと思うよ?」

まこ「今のは擁護してやれんのぅ」

京太郎「泣いてもいいですか?」

咲「鳴くのは卓上だけにしてください」

和「部分役で、使い勝手がいいと言えるのは役牌だけです。それ以外は制約が苦しいので使いにくい部類に入ります。イーペーとか三色、イッツーとかが代表例ですね。全体役は縛りが緩いことの方が多いんです」

まこ「チャンタとかピンフ、チートイは全体役じゃが使い勝手はよくないの。じゃがそれ以外のトイトイ、ホンイツ、タンヤオは使い勝手の良さだけなら全ての役を合わせてもずば抜けとるんじゃ」

咲「その3つは他役と絡めやすいですからね」

京太郎「なるほど。染めは使い勝手のいい役だったんだな」

和「私みたいに攻め手なら絞らない人相手には高打点をぶつけやすいですし、対応してくる人は手を止めてしまえる、かなり強い役です」

咲「もし、他の手役と迷った時はこっちを選んでおくのが無難だね」

まこ「もちろん、あえて警戒されないように打つのもテクニックの内じゃが基本的には染め手はブラフなんて考えんと真っすぐを勧めるかの」

和「だから管理人は染谷先輩が強キャラだと思っているところがありますからね。まあ、もう一つのかわし手の評価も高いんですが」

咲「と、言ったところで今回はお開き」

和「どうでした、染谷先輩?」

まこ「出番が少なかった気もするが、楽しい時間じゃった」

京太郎「俺もまた一つ強くなった気がするぜ」

和「気のせいです」

咲「気のせいだね」

まこ「て、手厳しいの」

京太郎「泣いてもいいですか?」

まこ「染め手は鳴けるのが魅力のひとつじゃからの」

咲「ではでは皆さま」

和「お付き合い頂きまして」

京太郎「ありがとうございましたー」

まこ「ではでは」

・・・・・・

イヤ、ツライコトガアッタラソウダンニノルケエ      ソ、ソメヤセンパイ

アンマリキョウチャンヲアマヤカサナイデクダサイネ  スガクンニハキビシイシドウヲシテイキマスノデ


はい、管理人です。咲さんとか和ちゃんが京ちゃんに厳しいのは愛情の裏返しだからね仕方ないね。というか記事的にこれが書きやすいのです。

染め手は多用の方が個人的にはお薦めです。私自身が異常な染め好きというのもあるんですがやっぱり対応させれる手は強いと思います。

次回は竜華ちゃんかなぁとか思いつつ別ネタも考えつつ。大体ここでの次回予告はその通りにはならないのがうちのブログのお約束ですしね。

どんな記事にせよ、お付き合い頂ければ嬉しいです。

ではでは。

【112局】辻垣内智葉に関するあれこれ2【強敵】

今回の記事は咲-Saki-本編112局の内容を含んでいます。まだ観てないよーとかネタばれ嫌だよーとかとかな方は戻るボタンを推奨します。

というわけで少しだけ尺稼ぎ。

まずはコメントありがとうございますー。主人公校だもんね、強いのは当然ですよねー。・・・強過ぎる気がするのは気のせいだよね、うん。

牌譜が欲しい。特に次鋒戦の牌譜が欲しい。まこちゃんはもう少し牌譜があればいい考察の題材になるのになーとか最近思っていたり。

いや、絶対強いよあの子。下手すれば清澄1でもおかしくないって。ま、相性があるので一概には誰が強い弱いなんて決められないけどね。

準決勝次鋒戦では飛ばされずに緑一色を和了るまこちゃんに期待や。

ちなみにまこちゃんは九蓮宝燈も染め手の役満なんだけどどう思っているんやろうか。さらにさらに字一色も一応染めの部類なんだけど。

緑一色は未だにないんだよねー和了ったこと。普通の人よりは絶対に回数打ってるんやけどこの役はテンパイまでしかいったことないです。

さて、こんくらいで大丈夫かな?

というわけで辻垣内智葉考察第二弾です。ちなみに第一弾はこちらになりますので是非是非観てくださいな。考察というか妄想だけど。

前回は周りの牌に選ばれた留学生の影響を受けて生まれた怪物なんて結論でしたね。圧倒的な対応力と後天性で牌に選ばれた者。

そこから数話。しばらく漫ちゃんが爆発してたのであんまり考察出来る情報が来なかったんですが。え?漫ちゃんの考察?

いや、だって特定牌を集める能力ってそんなに珍しくないし、漫ちゃんの場合宥姉と同じ説明で全然納得いくもん。玄ちゃんほどの支配じゃないみたいですし。三色とチャンタがある以上火力があるのも当然だし。

発動条件とかは少し興味ありだけどねー。

脱線してたね。とりあえず、今回智葉ちゃんは結構精力的に動いていました。ツモずらしからの振り込ませやらダマで7700やら。

この辺りの詳しい解説は麻雀漫画まとめ様がすばらな解説を入れてくれていました。なのでここでは簡単に。

○辻垣内智葉が行った爆弾解体

まず3度のポンで漫ちゃんのツモ番を飛ばす。これにより、自分以外の2人のツモ回数を増やし漫ちゃんの速さに対応出来るようにさせる。

このとき、おそらく漫ちゃんが引くはずだった9mを成香ちゃんに流す。もしかすると7mも流している可能性あり。

結果漫ちゃんに8mで12000に振り込ませることに成功。

こういう相手の有効牌を流すは麻雀漫画では定番だね。

さらに次局の親番ではダマで4面待ち。7sは7700、4sは12000、2-5sなら18000の手。漫ちゃんから出た最安めの7sをロンといった感じ。ダマなら見逃しもありな気がしますけど…。

優希ちゃんの言っているように見逃しにはリスクが伴います。なにせ卓に優希ちゃんと漫ちゃんがいるんだから。それは隙になり得るでしょう。

ある程度の打点は確保出来ているので、リーチよりも確実に得点するためのダマってところなのでしょう。牌勢だけなら五分だからね。なら、技量で一歩上にいくしかって判断なんじゃないかな?

まず、強運健在。東場の優希ちゃんと張り合えるほどの牌勢の良さ。テンパイ速度、打点共にこれだけでも十分化け物クラス。

そして、なおかつ状況判断能力の高さもうかがえます。

強い(確信)

というか、臨海を決勝にあげて智葉を卓につかせないと照姉無双再びに成りかねないから臨海通過説が濃厚になってきた気がする。

まあ、いても無双されるかもだけど。

○辻垣内智葉の強さその3

天運と対応能力という技量。この二つ以外にも彼女には武器があるのかなと、今回の話を見て思ったので少しそれに関して。

この子さ、明らかに研究しているよね、対戦相手の。

優希ちゃんへの対応を見ても、今回の漫ちゃんへの対応を見てもどう考えてもかなり正確に打ち筋を研究しているようにしかみえません。

例えば今回であれば成香ちゃんの12000は結構計算ずくな気がするんですよね。789牌を集めてくる能力相手なんだから今回のように上手く上の待ちに出来れば振り込ませることも可能そうですし。

漫ちゃんの支配で上の牌を引きづらくなっているので流すだけでも十分効果はありますし、上が引きづらい以上流して出来たターツが待ちになりやすく、その待ち牌を打つ可能性が高いのは漫ちゃんですからね。

普通に流れ論だけでこの作業をしている可能性も否めませんが、漫ちゃんの能力を考えると確かに有効な一手の気がするんですよね。

しかもこの場合和了らせに行く以上成香ちゃんがどう動くかもある程度知っておく必要があるので3人をきっちり分析してそうです。

その場の場況と相手の状態に合わせた打牌が出来(優希ちゃんは牌譜少ない上に微妙にスタイル変えてる、にも関わらず対応してたし)

しっかり相手の研究をした上で対抗策を見つける賢さがあり

その対抗策を実行できるほどの天運もある。

麻雀に対して真摯に向き合い、技量を備え、天運もある。この子が勝ちきれないインハイチャンピオン。照姉ちょーすごいよー。

って感じで今回は締めです。2半荘目も詳しく描写するのんかな?それとも飛ばすんかな?個人的には考察材料は多い方がいいけど。

というわけでこのへんで、ではでは。

文学少女×天才少女×奇跡の始まり

オーダー検討シリーズ。ラストは主人公校ですっ!

ただし、最終回ではない。

まずはコメントありがとうございますー。やえさんは謎が多いですからね。本編で登場してくれることを祈りましょう。

で、本編の主人公校ですよ。清澄です。オーダー検討シリーズもついに佳境を迎えましたねー。最終回ではないよ?もうちっとだけ続くんじゃ。

実質的には作中最強候補筆頭チームですね。大将に作中屈指の化け物(主人公)と副将に神に加護された少女がいて、先鋒はインハイ史上最強の化け物(仮)、次鋒中堅の先輩勢も作中では上位の打ち手。強い(確信)

というわけで、主人公というよりラスボスな清澄をみていきます。

○先鋒 片岡優希

この半荘に東2局は来ないっ!

などなど多数の名言と名牌譜を残してくれている清澄の核弾頭ですね。正直作中でも屈指の強さだと思います。東場に限定しなくても。

打ち筋というか能力は、東場では圧倒的な火力速さを誇るというもの。本当に圧倒的です。火力はころたん並み、速度は作中最速な気がします。

しかも東1局親になる確率が高く、完全な先行逃げ切り型。

ただ、守備力もあるんよねぇ。謎の一点止めとかあるし、切る前にやばいことに気付いている節もあるし(これは染め相手でしたけど)

本人曰く集中力が続かないとかとか。最近は普通に続いてるけどね。

適性は先鋒でしょう。火力型なので中堅にも置けます。また火力に加え速度もある子なので次鋒も面白いかも。高度な点棒調整が必要になる後ろには置けませんが割とオールマイティに近い子な気がする。

○次鋒 染谷まこ

闘牌描写カットでいじられている可哀そうな子。主人公チームのはずなのにほぼ牌譜が残ってないのはなんでなんですかねぇ。

ちなみにこの子は過去に能力考察をしていて、それがもとでうちのブログが誇る一大シリーズが生まれたので個人的にはめちゃくちゃ好きな子。

個人的な評価だと作中最強候補に入れてもいいかなくらいのレベルの子です。冗談抜きで清澄で一番強いんじゃないかとまで思ってます。

少なくともバランスは一番。安定感があるよね。長野予選決勝卓みたいに卓上にイレギュラーがなければって条件付きだけど。

打ち筋は2種。まずは決め手である「染めが得意なこと」、そして彼女を強者たらしめているのが「圧倒的なかわし手」です。

決定打を持ち、相手のチャンス手を潰せる打ち手。弱い訳ないです。現代麻雀の一種の完成形とまで思える子です。牌譜少ないからあれだけど。

適性はオールマイティカードな気がします。純君と同じ理由で。かわせる子はどこにでも置けます。しかも染めがあるので火力もありますし。

○中堅 竹井久

指でツモ牌を弾いて上に飛ばし、その間に牌を倒し、ツモ牌を空中でキャッチし、叩きつけるっ!出禁だ馬鹿野郎っ!

正直演出が派手な上に和了描写が派手なのであれですけど、清澄だと一番まともな印象を受けますねー。他が特殊過ぎるからねしょうがないね。

かっこいいというか私の一種の理想形のような麻雀を打ちますよねー。我慢して、一撃入れてポイントアウトみたいな麻雀大好き。

打ち筋はテンパイ時悪い待ちを選ぶと和了れるというもの。ただし100%ではない。手数が多いわけでもなく基本は守備型なイメージ。

ただ、和了りの時の打点が大きいのとハマると長野予選のように手数も十分という大正義化するので十分化け物の領分なんですけど。

適性は出和了りが取れる子なので次鋒がベストな気がします。ツモもあるので先鋒、中堅もいけますけど手数がネックになりそう。

技術戦やらせてた方が強いかなって思います。

○副将 原村和

未だに大会では沈み描写のない作者の寵愛を受けたキャラ。

ネト麻界の生ける伝説の雀士「のどっち」の中の人。そして昨年のインターミドルの覇者です。デジタルの化身なんだとか。

牌効率から期待値まで考慮し、押し引きを判断。その正確無比な打牌と抱えている相棒のペンギンで他家を圧倒していますねー。

デジタル以前に手が入りすぎなような……。

打ち筋としては、オカルトを信じず、相手の癖などは考慮せずに自分の打ち方を貫く超デジタル派。連続して同じ相手と当たりにくいネト麻出身って感じがしますね。これが長所であり短所です。

ぶれずに自分を貫けるというのが麻雀に置いて一番大事なこと。ただ、河と手牌読みの情報は加味しているのでしょうが相手の打ち筋の特徴を重視しないのは弱点にもなりえます。

適性は、完全に技術戦を得意とする次鋒副将タイプですね。ただ、このタイプにしては火力が強過ぎるんだよなあ。大将にも置けるかも?

○大将 宮永咲

インハイチャンピオンの血族は妹も異常だった。

文学少女な彼女は実はインハイチャンプの妹。麻雀においては圧倒的な点棒調整能力と嶺上開花という必殺の武器を持つ化け物でした。

主人公ですが、まだまだ謎の多い方ですねぇ。ただこれだけは言える。

咲さんかわいい。

長野予選決勝では天江衣を相手に互角の勝負を繰り広げ、全国2回戦では他家との技量の違いをまざまざと見せつけてくれました。

卓外だとメンタル弱い部類に入るのに、卓に着くと人格変わってる様な?

ころたん戦はまだ精神面に不安があった分可愛かったんですけどねぇ。あの試合以降人間味が減少して、怖さが出てきましたよね。

打ち筋は、得意役が嶺上開花。圧倒的な点棒調整能力を持ち、自身を常にプラマイ0に出来るという打ち手。テンパイ速度は最速の部類ではないにしろ速く、打点も大体高く、支配力が飛び抜けて高いですね。

適性としては、大将以外に置けないです。点棒調整能力を生かせない先鋒、中堅には置きたくないですし、次鋒副将でももったいないです。

相手よりも100点でも多ければ許される大将だからこそ光る打ち手な気がします。もちろん、点棒調整能力は個人戦でも使えるけど。

○総評

久ちゃんはこれしかないといってましたけど、オーダーに関しては再考の余地ありな気がします。咲さんと優希ちゃんは固定にしろ……

次鋒は久ちゃんで、副将はこのままのどっち。ほいで、オールマイティカードのまこちゃんを余った中堅に入れる。これがいい気が。

長野だけみれば完璧なオーダーなんですけどねー。全国での闘牌をみると久ちゃんとまこちゃんは逆なのかなって正直思います。

というかさ、まず個々人の能力が高過ぎです。普通に強過ぎぃ。

全国でも屈指のチーム。技術戦出来る子も普通にいますし、全員がそれなりの火力を持っているとかいう化け物チームです。

正直ここと並びたてるのって、化け物が二人いる白糸台と龍門渕くらいな気がします。後はどのチームよりも一段上にいる気が。

もちろん、咲の世界では強者が常に勝つわけではないので予想は出来ないですし、戦略や組み合わせによっては対抗は全然可能でしょうけど。

と、いった感じですかねー。正直このチームを阿知賀女子が倒すという構図の方が王道っぽい気がしないでもないです。

ここまで完成されたチームなのに成長する要素、主人公補正まで持ち合わせているとかいう怖さ。準決勝、決勝も楽しみだね。

次回は未定ですけどたまには麻雀漫画シリーズでもやろうかなぁとか思いつつ。お付き合い頂ければ光栄だよもー。ではでは。

おまえらっ全国で無様なマネしたら承知しないかんな!!

2連続で単発考察というか妄想を書き連ねるよー。

まずはコメントありがとうございますー。・・・すっかり忘れてたよ、3mがまだ生きていることを。そやね、その形も全然ありますねー。

で、このドラ封じに真っ向から立ち向かってそれなりの点棒を稼いできたやえさんが今回の主役になります。わーぱちぱちぱちぱちっ!

やえさんと言えば、うちのブログではかなりの頻度で登場しています。『迷子の坊やのみちくさ日記』チーフプロデューサーだからね。

とはいえ、一度も彼女自身を考察したことはないのですよ。

理由としては、牌譜がほぼないに尽きるんですけど。漫画版に至っては牌譜自体が存在しないとかいう異常事態なのです。

ただ、奈良個人戦1位という実績。阿知賀女子の皆にも一目置かれている実力。これで弱い訳がないじゃん。というわけで妄想してみるよん。

○王者の打ち筋の謎に迫る

とりあえず、現在確認出来る唯一の牌譜が……

東1局 西家 8巡目 ドラ⑨

④⑤⑥⑦⑧九九455679 ツモ8 5切りリーチ

です。この後玄ちゃんの親倍ツモが炸裂するんですけど。

ふ、普通やなぁ。8sの受け入れを残す基本形のイーシャンテンに思惑通りの8sツモ。ドラ筋ながら三面待ち。当然のリーチだと思います。

5半荘の1半荘目の東1局。先制したら王者でなくても曲げるでしょう。

普通過ぎる。というか、東1局目だから多分素直に打ってるやろうし。

ただ、素直に手を進めるだけの打ち手が名門校のエースを張れるほどこの世界は甘くないのさー。ということはやえさんにも何かあるはず。

単純に考えるのであれば個人戦1位なのだから、対応力に優れた打ち手だということが予想されます。前に言いましたけど型がある子は個人戦では通用しづらいのです。相性があるからね、特に咲の世界の麻雀には。

そんな世界で県1位が取れる実力。ということはどんなタイプともやり合えるレベルのはず。だから、対応するタイプなのかなって。

最近であれば辻垣内智葉。同じく県1位の福路美穂子に似ているようなタイプな気がします。学年対抗SSでもそんな感じの打ち手にされてました。普通に考えれば個人戦1位ということはこういうタイプなんです。

ただ、それって「王者」なのでしょうか?

相手に合わせて対応するのって格上を倒すために策を練っているのと同じことですよね。これって王者っていえるんですかね?

智葉ちゃん考察のときは周りの環境に合わせることで生まれた後天性の化け物が辻垣内智葉だという結論になりました。解釈としてはそれっぽいですよね。みっぽも卓上以外でも他人に気を配るタイプですし。

でもやえさんの性格的に他人に合わせることをするのかなって。観察能力は優れていると思います。しずのマメに気付いているからね。

でも、王者とは、相手に合わせることなく絶対的な力で蹂躙するもののことではないですか?こう考えると違う姿がみえてきます。

○『王者』という言葉から考察する小走やえ

対応するタイプではないとは言いません。麻雀は相手をみれなければ勝てないゲームですし、それに最も優れている照魔鏡を持っている宮永照が高校麻雀界の頂点に君臨しているのも事実なのです。

ただ、宮永照も相手を視るだけでなく蹂躙する術を持っています。

なら「王者の打ち筋をみせる」といっているやえさんも他家を圧倒する、そんな力を持っているのではないでしょうか?

実際、彼女は玄ちゃんが卓にいる状態で開幕親倍ツモを喰らいながらも+15400という数字を残しています。ドラなしで、です。

点棒を獲得する術を持っていると考えるのが妥当ですよね。

じゃあ、どうやって点棒を奪うのか?

しろみーみたいに手役を絡めるのかというとそうではないです。開幕のリーチはピンフしかありません。たまたまかもしれないですけど。

鳴き麻雀なのかというとそれも違う気がします。鳴きはかわす意味合いが大きいので王者という言葉とは合わない気がするのです。

じゃあ、どうなのかというと面前のリーチ麻雀という選択肢が残る気がします。つまり千里山の江口セーラみたいなタイプですね。

セーラは手役重視ではなく、リーチのメリットを生かして手役と偶然役やドラも使って点棒を加算していく感じですね。

ただ、これだけかというとそうでもない気がします。さっき話しましたが彼女は観察眼にも優れているのです。リーチで押せ押せだけだとこの能力がもったいないよね。というわけで結論。

姫松のエース・愛宕洋榎

このタイプな気がします。場況をみつつ押し引きをしていくタイプ。しかも基本は面前リーチ。頭も回るから清老頭の時のような打ち回しも出来る。観察眼、状況判断能力、そして剛腕。王者っぽい。

って感じかなー。好き勝手語ったのであんまりまとまってないですけど今回はこういう結論にします。全てがハイレベルに備わっているけど、基本は面前リーチで場をこじ開ける、制圧する。そんな感じ。

本当は王者だから牌を傅かせて飼い慣らす、みたいなのも考えてたんですけどね。あとは手役がひれ伏すとかとか。ただ、前者ならドラも飼い慣らせよってなり、後者ならピンフしかひれ伏してないですけどと。

まあ、玄ちゃんの能力は支配力は作中トップクラスなので破るというのは不可能だとは思いますけどね。支配の中で得点するは可能だけど。

と言った感じで今回はお開きだよもー。ではでは。

すべてのドラは玄に集まる・・・!!

さて、今回は単発考察回ですよー。

とりあえず、まずはコメントありがとうございますー。やえさんはあれ以上出ると主役を食べちゃってただろうからねしょうがないね。

ほいじゃ本題。まずは問題のシーンを見てもらおう。

~VTR~

和「これ、赤ドラを抜いたんでしょうか?」

晴絵「ん?」

和「この南4局まで一度もドラを見かけてません」

晴絵「……」ニヤッ

憧「そんなこといったら和の手にドラがないのがバレちゃうっしょ」

憧「でもでも、和のところにドラがいく訳ないんだけどっ!」

和「え…それってどういう…」

憧「ここまで一度もドラが姿をみせなかったのは」

憧「玄が手を開いていないから」

すべてのドラは玄に集まる……!!

和「そんなオカルトあり得ませんっ!」

玄「わっ」ビクッ ポロッ

穏乃「おっ、それロン!8000点!」

はい、ストップっ!

今日のテーマはこれです。ずばり、『和との初対局でしずが最後に和了った満貫はどんな手だったのか』という考察をやってみようかなって。

ドラを使わずに満貫。うん、どんなんやろ。

これね、意外に面白いテーマなんじゃないかなって読んでて思いました。阿知賀編は若干闘牌描写が本編より落ちるって話をしたけど……

これは全体図があるかなり稀な牌譜なのですよね。

まずは点数状況を確認しましょうか。で、一応王牌の切り方的に対7のはずなので憧が親なのではないかなと予想出来ます。なので…

東家 憧  29200
南家 穏乃 18200
西家 和  32100
北家 玄  20500

となります。和ちゃんトップで憧ちゃんが微差で追う状況。玄ちゃんは一度も手を開いていないので二人の競り合いだったのでしょう。

玄ちゃんがドラを抑える、そして鳴き速攻派の憧ちゃんと完全デジタル主義の和の競り合いということで小場になってますねー。

では、一応分かっている情報を確認しておきましょう。ドラ2sです。

和の手牌 五六六①②③③③⑥⑧567

和の捨て牌 東北一白九1南西二⑨9

玄ちゃん手牌 2222366⑤⑤六七

玄ちゃん捨て牌 西北①白中9②8三 九(ロン)

憧の捨て牌 北東1中發八9一七

しず鳴き 南(2翻)

しずの捨て牌 ①⑦37白西③⑤中發

さてさて、どうでしょう。捨て牌的には完全に染め気配。ダブ南ホンイツで8000点じゃないの?と思うかもしれないですけど……

あの世界は基本的に符計算をしっかりやっているので8000点にするには5翻、もしくは4翻40符以上が必要になります。

これ、実は結構難しい条件なんです。残りの枚数的に。

とりあえず、マンズホンイツに使える牌が何枚見えてないかを確認してみましょうか。話はそれからです。

1m=2枚 2m=4枚 3m=3枚
4m=4枚 5m=2枚 6m=1枚
7m=2枚 8m=3枚 9m=2枚(1枚はロン牌)
東=2枚 南=0枚(鳴いている)
西=本人が捨てている 北=3枚切れで使えない
白、發、中=本人が捨てている

という状況。符ハネは絶対にさせられませんね。(槓はなく、老頭牌暗刻があり得ないので)なので、5翻の手であると考えていきます。

とりあえず手っ取り早いのはこの形。

一二三四五六七八東東 南南南 ロン九

ダブ南ホンイツにイッツーを足した形ですね。一番わかりやすいかも。ただこれでは説明できない可能性があったりするのです。なぜなら……

6mがしずの手牌にはない可能性が割と高いからです。

6mは2枚和の手、1枚玄ちゃんの手にいます。残り一枚。

ほいで、おそらくですが、この1枚は憧ちゃんが持っています。

どうしてかというと染め手気配のラス目相手に最後の打牌が7mでさらに河の6巡目に8mがいるからです。

もし8mが孤立牌だったら3巡目の1sより先に切られるべき牌です、ドラが2sなので(ツモ切りの可能性もあるからなんともいえませんが)。

1m7mと並んでいる以上憧ちゃんは降りていません。で、8mをある程度引っ張っているところからの7m切りなので……

マンズの上の面子は確定しているものとみえます。だから、6mはないものとして考えてみようというのが今回の本題なのです。

一応、789mの可能性がありますし早めの1s切りも玄ちゃんの能力を考えればむしろ当然の部類なのでこの先の考察は蛇足な気もしますけど。

ま、まあイッツー含みはこの巡目でマンズの6m9mが全て枯れているというのを前提にしたものなので割と薄いから……(震え声)

というわけでこっちの方が面白いんでない?という解答がこれ。

チャンタ含みっ!

一一二二三三七八東東 南南南 ロン九

これならどう?……いえ、実はこれはあり得ないのです。

何故なら100%憧ちゃんの1mで仕掛けるからです。満貫だと3位止まりだからね。鳴いてトイトイ含みの跳ね満シャンテンにするでしょう。

なら、6mがなくてチャンタ含みならもう、これしかないのよー。

一二三七七八八九東東 南南南 ロン九

どやあ、これならいけるでぇ。

え?何?カンペ?

『それはあり得ないよ。だって最初の前提だと新子さんの手にもう一枚7mがあるんだから。枚数的に不可能だよ』

し、しろみーが凄くだるそうにカンペ挙げてる……。

後で謝っとかないと。

面白そうにみえたんだけどなぁ。駄目やったかぁ。

そう、この牌譜考えてみると答えがほぼ一通りになる牌譜だったんです。

90%以上はイッツー含みのあの形です。頭が東じゃなくて2mになっている可能性もあったりはするんですけど。

ただ、チャンタ含みもあるにはあるんです。憧ちゃんがマンズ上を持っていなければ2番目の方は成立出来るんだよね一応。

って感じで今回はお開き。当初の構想ではイッツーじゃなくてチャンタなんやで(どやあ……ってやるつもりだったんですけど。

なんと考えるとほぼイッツーしかないんやなぁといった感じに。

私は大体書き始めてから考え始めるからね。こんなこともしばしば。

こんなぐだぐだな考察しかやらないですけど、これからもお付き合い頂ければとても嬉しいんだよもー。というわけで、ではでは。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR