私、輝きたいんです!

タイトル少し悩んだんですよねー。「ホビロン」とか「ぼんぼる」とかあと少しマニアックなところだと「サンナクチ」も候補だったんですが、このアニメを一言で表すとこんな感じかなーって思ったので今回はこれでいきます。

あ、サンナクチ分かんない人はコミカライズの2巻を参照していただければ。コミカライズのはかの有名なホビロンは出てこないんですよぉ(多分)

というわけで今回はアニメ・漫画カテゴリを作った時絶対感想書こうと思っていた3作品のラストを飾る作品、ひとりの少女と周りの人たちの成長の物語『花咲くいろは』の感想をぼんぼって書いていきます。

何故この作品を選んだかというと普通に泣けて笑えて前向きにさせてもらえる良作だったからというのもあるんですが、私元ネタになった温泉街にいったことがあるんですよね。アニメの放映後に。さすがにぼんぼり祭りにはいけてないですけど。痛絵馬とか普通に一杯ありましたね。あーいうの書ける人凄いと思うわ。

・・・ただ、一応言っとくとアニメで町おこししてる場所限定でね?仙台行った時のレッツパーリィ率は異常だった。若干引きました。絶対伊達正宗驚いてるって。え?何?これ俺なの?的な。

脱線しました。戻しますよー。はい、では早速作品をざっくりと紹介していきましょうか。

東京で母と二人暮らしをするごくごく普通の女子高生だった松前緒花は母が男と夜逃げをすることになり、石川県で母方の祖母が経営する旅館「喜翆荘」に預けられることに。「働かざる者、食うべからず」と祖母である四十万スイに言われ、成り行きで喜翆荘の仲居として住み込みで働きながら高校に通うことに。初めは戸惑いながらも持ち前の前向きさで徐々に周りと打ち解けていく緒花。これは彼女と彼女を取り巻く人たちの成長の物語。・・・こんな感じですかね。

うーん、アニメというよりドラマみたいなあらすじだね。実際この脚本でNHKの連ドラにされてても多分問題ないんだろうなあと思えるような内容でしたねー。

緒花だけでなく周りの人間も彼女の言動、考え方に感化されて多かれ少なかれ影響を受け、成長していくというのも見どころの一つですね。なので、一応単純なキャラ紹介でも。ただ、長くなってもあれなので一言つけてくだけにしますけどね。

松前緒花 主人公。色々悩みながらも一生懸命前に進もうとする子。

鶴来民子 喜翆荘で住み込みで板前修行中の緒花の同級生。勝ち気。「ホビロン」の人。通称みんち。

押水菜子 緒花の同級生。喜翆荘でアルバイト中。引っ込み思案。でも毒舌。通称なこち。

和倉結名 ライバル旅館「福屋」の一人娘。今時の女子高生って感じ。ある意味一番常識人。

まずこの4人が大体の主要メンバーになってます。で、さらに喜翆荘従業員組が・・・

四十万スイ 夫に先立たれたあと一人で喜翆荘を支えてきた人。緒花の祖母。女将さん。厳しい。けどなんだかんだ一番優しい人。ある意味主人公。

四十万縁 緒花の母の弟。姉に対してコンプレックスあり(いや、シスコンってわけではないよ、もちろん)。脚本上最も可哀そうな扱いをされた人。スイ「旅館経営に向いてない」

宮岸徹 板前。青年。みんちが思いを寄せる。が、だんだん緒花に惹かれていく。いい人だけど空気が読めない。

富樫蓮二 板前。渋いキャラ・・・なのは最初だけでだんだん化けの皮が剥がれていった人。ある意味一番可愛い。

輪島巴 仲居頭。いい姉貴分?でも恋愛に飢えています。

次郎丸太郎 自称(官能)小説家。払えなかった宿泊費を返すために喜翆荘で働くことに。

助川電六 喜翆荘が出来た当初からいる従業員。喜翆荘の良心。

川尻 崇子 経営コンサルタント。従業員に嫌われていた・・・が、話が進むとかなりの良キャラに。

で、最後にこの人達もも紹介しとかないとね。ある意味一番重要キャラやし。

松前皐月 緒花の母親。ライター。1話のダメ母ぶりからは考えられないほど作中で最も有能なキャラ。スイからは勘当されていたが、実は最も頼りにされている?

種村 孝一 緒花のボーイフレンド。考ちゃん。1話で緒花に告白。返事貰えない。会えない。そもそも出番貰えないという不憫なキャラ。だけど作中ではかなーり重要キャラ。

キャラ紹介初めてやったけど長くなるね、これ。ただいろはは(ちなみに公式の略称は「花いろ」)人間関係がかなり重要な作品なので一応ね。

ではでは詳しく触れていくよー。

●1クール目前半(1話から7話)

緒花ちゃんが喜翆荘に馴染んでいくまでを描いています。最初は嫌々やっていた仕事にも慣れ、段々周りの人と打ち解けていきます。ちなみに、「私、輝きたいんです」とか「ホビロン」とかの名言は最初の方に出てきます。

キャラの顔見せ回の意味合いが強いですね。一応ほとんどのキャラに焦点が当たります。そのため基本1話完結のショートストーリーって感じですね。

ただ、いろはの場合何度も言ってますが出てくる人皆の成長物語なので何気ない日常を描いているこの前半部分が実は一番しっかり観ておかなければならないシーンな気がします。ここで出てくる登場人物たちが最終回までにどう変わっていくのか・・・乞うご期待。結構伏線があったりするしね。

●1クール目後半(8話から13話)

ここで絡んでくるのが考ちゃんと皐月さんなのです。話が一気に動き出します。

まず考ちゃんについて。1話で緒花に告白したにも関わらず未だ返事がもらえない考ちゃん。メールでやり取りをしているものの緒花にとっての自分の立ち位置はどういったものなのか分からずに悩みます。で、会いにいこうと・・・するんですが、結局会えずじまい。しかも別の男(徹さん)と一緒にいる緒花を目撃。彼の悩みはさらに深みに嵌まっていくことに。

まあ、予約やらアポやらとらずに出掛けた考ちゃんが悪い気もしますけど。

そしてママこと皐月さんにも焦点が当たります。なんと喜翆荘の所属する湯乃鷺温泉について雑誌で酷評。その真意を確かめるため東京に向かう緒花ですが・・・

ここで待ってるのが考ちゃんとのやり取り。彼女の中で考ちゃんがどんなに大切な人物かを意識し始めた緒花。一方距離を感じてた考ちゃん。ふたりの思いはすれ違って・・・

さらに皐月に喜翆荘がどんなところかを知ってもらうため誘拐?計画を企てる緒花。追いかけてきた徹さんとみんちと共に皐月を喜翆荘に連れていくことに成功します。

で、1クール目のラストは祖母、母、娘という3人が和解に近付くという形でエンド。完全に和解してないのがポイントといったところですかね。

これだけみると皐月さんが酷い人に見えますが、実際に観ていただければこの方が実は超有能な人物であり、それなりに色々考えて物事を判断し、行動してるのが観てとれるかと。

●2クール目前半(14話~20話)

前半戦は緒花というよりも他キャラに焦点を当てた話が続きます。修学旅行(結名回)とか普通の女子高生らしい放課後(なこち回)とか学園祭(みんち回)とかね。そんな中で一番大きな出来事が喜翆荘で映画を撮ろうという計画。これが後々に繋がる重要な伏線回だったり。

1クール目前半と同じくどちらかというと顔見せに近い部分ですね。ただ、伏線というか最終回に繋がっていく大事な描写が多々当たったりします。そして、2クール目後半が結構重い話になっていくので結構貴重な息抜きの出来る部分でもあります。

民子姫かわいいよとかなこちと結婚したいとか結名ちゃんペロペロみたいな人には一番勧められる部分だね(ニッコリ

●2クール目後半(21話~最終回)

ここから最終回に向けて一気にまくしたてるようなエピソードが連発します。要約しちゃうと・・・

スイ「次のぼんぼり祭りで喜翆荘は終わりにする」

って感じ。最初は何いってだこいつって感じなんですが話が進むごとに女将さんも色々考えての結論なんだなぁと分かってきます。というか、縁の扱いが・・・。確かに有能とは思わないけどさ。

当然従業員は皆反発。女将さんVS喜翆荘の従業員という構図が出来上がります。緒花も最初は反発していたんですが従業員で唯一女将さんの本当の意図を聞かされたためどっちつかずの立場に。

女将さんに対抗するためそれぞれが躍起になる喜翆荘の面々。が、どこか余裕がなく。というかここまでくると「まともなの緒花しかおらんやんか」って感じに。事情を知れる視聴者は結構イライラするかも。ただ、登場人物たちはその事情を知ることが出来ないので仕方ないんだけどね。

これで本当に喜翆荘らしいおもてなしが出来るのか?緒花は悩みます。でも、やっぱり彼女らしく行動に移していきます。緒花の行動によって再び歩み寄る女将さんと従業員。皐月も駆けつけ、物語はぼんぼり祭りへ。

考ちゃんとの関係にも一応の決着を付け、盛り上がりを見せる中ラストシーンへ。雑巾がけをする緒花。1話と比べると彼女の成長が観てとれる名シーン。そして女将さんと緒花の会話へ。これが泣けるんですよぉ。喜翆荘の責任者として、そして緒花の祖母として緒花に語りかける女将さん、喜翆荘の従業員として、そして孫娘としてそれに応える緒花。その描写も相まってあまりに美し過ぎるシーン。

こんな感じですねー。少し「えっ?」ってなる展開がなかったわけではないんですが26話通してみると素晴らしいストーリーだったと思います。

あと、田舎の温泉街という自然一杯の舞台を生かした描写。ホントに綺麗でした。主題歌もよかったよね。地元側が協力的だったのも物語に深みを与えています。アニメ発祥で本当にぼんぼり祭りやっちゃったんだから。金沢市内の描写とかも細かかったみたいですし。

それにしてもああいうのですぐ場所を特定する人たちってやばいですよね。ほんの1,2日であの場面の参考になってる場所はここみたいなのを特定しますからね。警察とかに入ればいいのに。

うん、こんなとこですかね。いわゆる聖地ですが湯涌温泉というところですが、そんなに大きな温泉街でもないんですがなかなかいいところなので是非機会があれば行ってみてくださいね。

ではでは、いつまでも色褪せることのない名作アニメ、是非是非観てみてくださいね。

来年の映画ちょーたのしみだよー。
スポンサーサイト

めざせっ、トップアイドル!

ζ*'ヮ')ζ<うっうー!今回はアイドルマスターのアニメ感想かなーって。

はい、ブログを閲覧してくださってる皆様っ!アイマスですよ、アイマス!「アニメ・漫画」カテゴリを作った時に氷菓に並んで絶対扱おうと思ってた作品ですね。私は大体の有名どこのアニメは観てたりしますが視聴歴の中でも屈指の作品です。3回くらい泣きました、割と号泣的な感じで。

言うまでもないことかもしれませんが一応。アイマスことアイドルマスターはゲーム原作ですねー。アーケードから始まり家庭用ゲーム機に移植され多くのソフトを世に出してますねー。ちなみに私はひとつもやったことないです。まあ、ゲーム自体あんまりやらないからね、しょうがないね。ネト麻とポケモンぐらいですね。

プレイ動画は観たことあるんだけどね。あとアイマス関連の楽曲とかは結構知ってます。ニコ厨なので(キリッ

ただ、二次創作の動画はあんまり観ないですね。ちゃんと観てるといえるのは雀姫伝くらいです。なおあれに出てくる麻雀漫画はほぼ全部読んだことがある模様。

動画じゃなくてSSは大好きなんですけどね。SS読むのは私の趣味の一つです。これのせいで読書のペースが遅くなることもしばしば。リンクはいいのか分からないので張りませんがSSのサイトはメインがひとつ、そしてアイマス専用でもういっこブクマしてあります。これについて語ると長くなってしまいそうなので今後駄文でやるかも。今回の記事はあくまでアニメメインでいきます。

作品内容は765プロ所属のアイドル達が力を合わせて時には切磋琢磨しながらトップアイドルを目指していくというものです。もともとゲーム原作なうえに多数の作品を有していてなおかつ長い歴史を持ってるためキャラ立ちは十分、なおかつ私みたいなほとんど前情報がない人でも熱中できるよう上手くキャラを紹介しつつ彼女達を生かす脚本でした。

というわけでもう少し細かく観ていきますよー。

〇1クール目 

顔見せ→伊織回→雪歩回→ゲロゲロキッチン(はるちはひびたか)→海回→竜宮小町と美希、P回→やよい回→あずさ回→亜美真美回→運動会回→コンサート準備回(美希伏線回)→美希回→コンサート(強いて言えば美希回)

という13話。羅列だとみにくいかもですがこれを縦に並べちゃうとおそらく異様に長い記事になってしまうのでこれでご容赦ください。全体的な感想は「2クール目いるのかな?」という感じでした。ここまででも並みのアニメよりも全然いい出来でしたからね。

ちゃんと全員見せ場があったからねー。確かに登場シーン、回数こそ差はあるけども全員が魅力的に描かれていたと思います。それらを踏まえた上で・・・

観た感じ美希無双といった感じ。伏線2回に自分メイン2回、しかも1クール目最終回も自分メインという優遇具合。ドラマが作りやすい子だからね。やっぱりミk・・・美希ちゃんが一番きらきらしてたって思うな、あはっ☆

ただ、前半戦MVPは個人的には伊織ちゃんだと思います。1クール目はそれほど存在感がありました。要所要所を締めてた感じでしたね。次点では真くん、あとやよいちゃんですね。彼女達もおいしいポジションだった気がします。

正直竜宮小町出てきた段階であずささんと伊織ちゃんは退場するのかと思ってたからねー。全然そんなこともなく。実際多分竜宮小町は中の人の事情だっただけだろうからアニメでは普通に話に絡んでました。

あと、メインヒロインことわた、春香さんもいいポジションだったね可愛かったね。

〇2クール目

顔見せ回→生っすか!?回→響回(ハム蔵回)→真回→律子回→貴音回(千早伏線回)→千早回→千早、ジュピター、小鳥回→クリスマス回(雪歩誕生日回、春香伏線回)→春香伏線回→春香回→最終回→特別編

私個人的に3回泣いた伝説に残るであろう2クール目。生っすか!?MC組(春香、美希、千早)の優遇のされ方が異常だった気もしますがそれを感じさせないほど面白かったです、泣けて笑えて。

ひびたかは少し可哀そうだった気もしますけどね。貴音さんの方はしっかりとした話だったのでそんな気になりませんでしたが自分のペットに喰われる響ェ・・・。ただ響の扱いは生っすか!?と自分メインの回は確かに酷かったけど全体的に観ればこの子は結構出番あったよね。上位互換に亜美と真美という双子がいたけども。

2クール目から961プロとジュピターとの対立がメインになってきました。ジュピターが発表されたときのニコ動のランキングが荒ぶっていたのは今でも覚えてますが今となってはよかったよね。少なくとも個人的にはそう思いますね。

ちなみにジュピター好きにはP.K.ジュピターシリーズ(私がそう呼んでるだけ)というSSをおすすめしておきますね。961にPが修行に行ったり、冬馬君が765にレンタルされたり、小鳥さんも交えて飲み会したり、雪歩と焼き肉したり、やよいちゃんを寿司に連れていったり、アイドルの誕生日を祝うために歌ったりね。

脱線しました。ここで一応メインのイベントになる私が泣いたエピソードについて触れていきますよ。

まず20話での千早の『約束』ですね。号泣。もうこれが最終回でいいんじゃないかなと思ったくらい。未だにこの曲を聴くと泣きそうになるくらい感動しました。ベタだけど、やっぱり王道って最高ですね。

次に21話の千早の『眠り姫』です。これはうるっときた程度でしたけどあのエピソードのあとにこの話を持ってくるというね。このシーンでの音響トラブルって元ネタニコ動の隣にのMADって本当ですか?あの動画もやばかったよね。即マイリスしました。ジュピター?そんなんあったっけ?

そして24話のラストですね。長々伏線を張っていただけにここの破壊力もやばかったです。実質最終回だからね。アニマスの春香さんはあざとい要素が抑え目になってて本当に可愛いですね。二次創作だとなぜあれほどいじられるのでしょうか?愛されてる証しなのかな。

2話使った千早、3話使った春香という後半のラインナップ。ただ一番おいしかったのは間違いなく美希ちゃんでしょうね。「ミキ、感動したの!」とか春香ちゃんと主役の座を争ったり「帰る場所が~」とか。

それにしてもハニ―もといP絡みとアニマスの主役争いのせいで春香と美希が不仲という風潮・・・一理ない。この二人は絶対仲いいってば。好きなキャラは選べないけど好きな組み合わせといわれたらはるみきですもん私。なお次点はひびたかの模様。というか言っちゃえば全部好きですけどね、じゃないとSSなんて読めないよ。

彼女達が実在したら付き合いたい子は選べないけど結婚したいのは小鳥さんだけどね(ボソッ

はいはい、脱線脱線。といった感じで確かに優遇されたキャラはいたけど冷遇されているキャラはいないところがアニマスの魅力なのかなと思います。出演シーンは少なくてもちゃんと魅力は伝わってきましたからね。

例えば雪歩ちゃん。メインで話に絡むことはあんまりなかった印象ですがところどころ現れてはしっかりお仕事をしていた印象。貴音さん、あずささんの年長組もまた然り。一言で存在感を勝ち取っていく感じでしたね。

響ちゃんと亜美真美ちゃんは誰とでも絡んでいけるので細かいけど出演シーンをかなり多いんだよね、個人的な印象だと。

・・・別にさっきあんまり触れられなかった子をフォローしてるわけじゃないよーそんなわけないじゃないですかー(棒)

あとアイドルじゃないグループもよかったですねー。律っちゃんはゲーム組は悲しんだでしょうがアニメだけならプロデューサー転向は大成功でしょうし。エビフライもいいけどパイナップルだって魅力的だし。

小鳥さんも出演シーンこそ少なかったですがいいポジションを確立してましたねー。というかあんな優良物件が隣にいるのに手を出す気配がないPは何を考えているんですかね?あっ・・・(察し)、まさかPさんって・・・ダメよ小鳥ぃ~。

社長も安定感があったよね。さすがといった感じ。765も961も。ただ黒井社長はもうちょい実はいい人設定が欲しかった気もするけどね。

で、一番難しかったであろうPです。なにせ視聴者さんのポジションなわけですし、ゲームだと。でも普通に良キャラだったよね。

ただ、キャラ造形もドラマの作り方もだけど制作さんサイドが一番頑張ったのはED含めた楽曲部分だったと思います。本当に名曲が多いよねアイマス。一番好きな曲は決められないなー。名曲といわれると『隣に…』と『自転車』と、あと・・・うん、これも絞れないわ。

と、そんなこんなで好き勝手喋りつくした感じですがいかがだったでしょうか?一応無難な感想にとどめたつもりですけど。一応書きたかったことは大体書けたかな?あとで記事見返して何かあったら追記か駄文で触れますかね。

というわけで泣いて笑えて、さすがにめちゃくちゃ長いコンテンツなだけあるなーと、不動の人気を誇る作品だなーと思わされた名作、是非観てみてくださいねー。私もまた観たくなったので今度借りてきますかねー。


はい、ここからは業務連絡ですよー。一応アニメ・漫画カテゴリの2回目でしたがどうだったでしょうか。あくまで読書メインでいきたいのでそこまで多用するつもりはないんですが、とりあえずアニメはあともう1作品絶対触っておきたい作品があったりします。さらに未だに一度もやってない漫画ですが作品候補は数種類ありますがそのうち2作品は絶対やりたいと思ってたりします。

小説の感想ではないけれどそちらの方もお付き合いいただければ幸いです。

ζ*'ヮ')ζ<ではでは、ここまで読んでくれた皆さん、はい、たーちっ!

私、気になりますっ

というわけで予告通り今回は先日最終回を迎えたアニメ『氷菓』について語っていきます。・・・原作読めって?いやあ、5冊あるもんなぁ。しかもアニメ観たから大筋は分かってるし。もしかしたら小説の感想を書くときも来るのかもしれません。

もともとの原作は米澤穂信先生の古典部シリーズですね。『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠回りする雛』『ふたりの距離の概算』の現状5作品になります。なお、アニメは露骨な話数調整をしており春クールの途中から夏クールの最後までの22話構成で遠回りの雛までの話をやっています。ここまでが主人公達が1年生の間の話できりがいいからでしょうね。

じゃあ、簡単に作品紹介。

神山高校で廃部寸前になっていた古典部。姉からのすすめによって古典部に入ることになった折木奉太郎とある理由から入部することとなった優等生千反田える、奉太郎の親友である福部里志、奉太郎、里志と同じ中学出身で里志に想いを寄せる伊原摩耶花の古典部メンバーが身近な謎に説明を付けていくという話。今日も今日とて身近な不思議に「私、気になりますっ!」・・・こんな感じ?

一応私はそのクールごとにアニメを2,3選んでみてますがこれは1話のえるたその「私、気になりますっ」で視聴決定。初めはキャラの可愛さと描写の細かさで、そしてだんだんとストーリーにのめり込んでいったという感じ。1話が凄い面白いアニメは数あれど回が進むごとに面白さが増していく作品は結構珍しいと思います。

特に最終回付近の話は大掛かりな部分が終わっていたにも関わらずめちゃくちゃ面白かった。なにせ奉太郎とえるちゃんの会話だけで1話持たすという荒技。しかもそれが異様に面白い。

全体的な感じとしては・・・

1~5話 氷菓編

1話で挫折した人が多そうだったねー。実際確かに分かりにくい感じでした。2,3回見直したもん。ただ、この段階でかなり作りこまれてたんですよね。正直にいえばこれ文章で読んだ方が面白くない?と思ったレベル。簡単にいうと古典部の文集「氷菓」が何故氷菓という名前になったのかを考えるお話です。かなり伏線があったりして凝った造りになってるんですがメインはちょっとがっかりした人も多いのかも。個人的には好きですけどね。

6~11話 愚者のエンドロール

作りかけの映画シナリオの続きは?という謎に古典部が挑むお話。正直私もこれ推理してみたんですが奉太郎君と同じ答えになりました。というかそのトリックをみたことがあります。ケータイ刑事というTBSのBS版でやってたドラマがあるんですけどそれの宮崎あおいちゃんが主演してたときの一番の実験作品で使われていたり。あ、あとこのブログ中で同じトリックを使っている作品があったりもします。ただそっちの方はさすがと言わざるを得ないひと捻りが加えられていたんですけど。

ちなみにこの推理がどういう結末を呼んだかは実際に観ていただければ。

12~17話 クドリャフカの順番

神山高校の文化祭で起きた十文字事件という名の窃盗事件。誰が十文字なのか古典部がその謎に挑む・・・という話。これまでとは違い古典部4人が別々に行動しているのが特徴。各々の行為が物語を作っていき最後の結末に収束するという感じですね。謎、ドラマ、描写、遊び心全てを含めて3つの長編の中でも一番面白かったですね。

18~22話+α 遠回りする雛

これはもとが短編集だからね。終盤と物語の間を埋めてたりします。6,7話とかもこれのエピソードだったり。1話完結で進んでいくんですけどこれも完成度高いですねー。とくに心当たりのあるものは、手作りチョコレート、そして遠回りする雛の3つのエピソードは最後を飾るにふさわしい出来でした。あ、もちろんですがこれが特にというだけで全エピソード面白いですよ?念のため。

といった流れですね。本当に回が進むごとに面白くなる。あとゲスト陣が超豪華だったりします。声優さんはそこまで詳しいわけではないけどそれでもこの人知ってるくらいには思えるようなキャストでした。

うん、こんな感じですかね。最近のアニメだと文句なく面白さは上位でした。もちろん世の中に存在するアニメ全て観てるわけではないのでなんとも言えないのが本当のところですけど。

さてはて、初めての小説以外の感想でしたがいかがでしたでしょうか?これからもこんな感じで進めていって大丈夫ですかね?私、気になりますっ! 
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR