スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩人の悪夢

火村「いえええええええええええええええええええええええええ」

いや、まじで大晦日のあれのせいで変なイメージつきそうやったわ。

お久しぶりです。今回は本当に久々の読書感想でいきます。

というのも、私今週凄く暇で。本当だったらWBCの決勝見てる予定だったんですがそれもなくなっちゃって。で、積本を崩していった訳さ。

で、とりあえず3冊ほど読んだのですが、これだけは感想をあげとこうかなーと、筆をとってるわけです。まあ、タイピングしてるだけですが。

というわけで、このブログ最多出場作家(…だったはず)有栖川有栖先生のドラマ化もされた代表作。作家アリスシリーズ最新刊『狩人の悪夢』の感想を書いていきますー。

まずは、あらすじからー。

人気ホラー作家白布施と対談することになった有栖川有栖はその席で彼の家「夢守荘」へと招待される。必ず悪夢を見てしまうという部屋で一泊したアリスだったが、翌日白布施のアシスタントが住んでいた家で女性の変死体を発見してしまう。当初簡単に解決しそうだった事件は実は難解で複雑な隠された真実をもっていて…って感じかねー。

うん、有栖川先生らしい美しい直球でした。小細工なし。論理的な思考のみで回答までたどり着かせるその力量はさすがですねー。

こう書くと、「あれ、小細工あったんじゃね?」と読んだ人に反論されそうなのですが、一応その伏線も入れてる所が素晴らしいポイントです。

だってほら、最初の対談で白布施さんが言ってたじゃない。ミステリーもホラーも筆法は同じだって。何をいつ読者に提示して驚かせるかが最大のポイントだって。あれがまさに今作を表していた気がします。

というか、多分今回の作品はそれがテーマ…です。そのために、犯人、動機はそこまで練ってません。ありきたりな解答です。正直、慣れている人なら察しがつきます。でも、それでも…

読者に驚きを与え、なおかつ、論理的にまとまります。

有栖川先生の魅力は、不必要だと思われる描写にも意味があるという点だと思います。他の作家さんに比べて無駄な描写が少ない。

それがシリーズ物として必要なのか、それとも、この作品単体で必要なのかはともかくとして、ですけどねー。

例えば、有名な所でいくなら、火村の悪夢とかは前者だしねー。これは続き物として読まないとシーンの意味が分からないですよね。

でもでも、作品が悪夢について扱っていて、作家アリスシリーズなら絶対必要でしょ?火村の悪夢に関するあれこれって。

後者の例なら最初の対談とかもそうやし、何気なくアリスがみた悪夢もある意味予知夢ですしねー。読み返せばまだまだあるでしょう、多分。

散りばめられていたものが綺麗にまとまっていく。この感覚が、有栖川先生の真骨頂ですねー。今回も堪能しましたー。

あと、やっぱりこの二人のやり取りはええねー。楽しく読めます。今回はドラマ化の後だったので少し不安だったんですが、特に気にならなかったですねー。むしろ、いい影響があったのかも?

大晦日にはっちゃけてたとはいえ、ドラマもなかなかになかなかでしたから。100点満点ではなかったですが、及第点はとってた気がする。

まあ、実写化で100点は無理ですよねー。どうしたって自分のイメージとは食い違う訳ですから。それでも、観れるものになってたのはさすがなのかなって。後の読書に悪い影響でてないしねー。

って感じですかね。久しぶりにやりましたが読書感想もやっぱ面白いですねー。定期的には絶対やろう、うん。

ではでは、有栖川先生のらしさがひかる名作『狩人の悪夢』をぜひ手に取ってみてくださいなー。
スポンサーサイト

真夜中の探偵

やっぱりお父さんが一番いいキャラだよね、つかまってるけど。

ほい、有栖川有栖先生の少女探偵ソラシリーズ2作目『真夜中の探偵』の感想を書いていきますよー。『論理爆弾』まで読破済みなのでそのうちそっちも記事あげると思いますー。こうご期待ですー。

さて、シリーズの2作目ということになりますが3作読んだ上での感想は一番ミステリしてるかな、かな。有栖川先生にしては・・・だけど。

うん、このシリーズはその作品単体での謎ときではなくてシリーズとしてのストーリーを意識して書かれている感じですよね。ソラの成長物語。

面白いですけど、学生アリス、作家アリス好きの人は物足りないかも?違うジャンルだと思うべきでしょうね。どちらも趣があるのですけども。

ではでは、そんな作品紹介。

純は叔父のいる大阪に来ていた。母を探すために、そして探偵になるために。友との連絡を絶ち、寂しさに耐えながら。

ようやく一人暮らしにも慣れ始めたころ、彼女の周りが一気に動き出す。彼女の両親、<調律師>と<水無月>が探偵時代に築いた人脈。

仲介者、同業者。そして、少し変わった隣人や父を連行した警視。様々な人間の思惑が、彼女を前に進ませる。そして、不可解な殺人事件が起こり、ソラは探偵としての一歩を踏み出す。こんな感じかな?

まず、この作品単体でいくと殺し方とその理由がメインになってます。水の貯まった木箱の中で溺死した男。どう殺した、何故そうした?

で、純は探偵<ソラ>としてこの謎に挑むわけですが・・・

もちろん世界設定は『闇の喇叭』と変わっていないので私的探偵行為は重罪なのです。だから、周りも彼女が探偵にかかわることを良しとしない。そんな中でどうストーリーを進めるのかなと思ってたんですけど・・・

なるほど。だから、この作品は視点がぐるぐる変わるのかー。

結果的には『闇の喇叭』でも使われた手法ですね。純ちゃん視点で謎を解決し、警察やら別の視点で別の観点から事件を解決させる。

これなら確かに、この設定でも探偵役が輝けますねー。

それにこういうテンプレを作っておくと、いざというときに読者に仕掛けを打てるしねー。続きものを意識した構成になってますねー。

だからか、若干ミステリ要素薄めです。まず、事件が起きないもの。舞台が大阪に移っているので純ちゃんの現状説明だけでかなりの尺を使ってます。なので、これだけ読む場合は最初は退屈かもですねー。

もちろん、本格ミステリの第一人者・有栖川有栖の作品ですからその謎、トリックは秀逸なんですけどねー。さすが、といった感じ。

お次は続きものとしてみた場合。

うん、まだ風呂敷を広げている段階ですねー。何かが動くとかいうわけではないです。雰囲気作りに終始してるかなって印象。

ただ、これまでの有栖川作品にはないタイプだと思うのでここからどう転がすのかは凄く気になります。推理小説ではなく、人間ドラマ?

ガンジスたちも描写されてますけど(『闇の喇叭』から出てくる純の友人たち)どう絡めてくるんだろうね。それとも、純ちゃんの成長のための1要素って感じでこのままずっとこんな感じなのかな?

お父さん側も気になりますねー。どう動くんだろう。

やたらと多い、実質もうひとりの主人公の明神警視も気になります。今のところはよくある切れもの刑事。この人をどう動かすかも楽しみ。

そして、最大の謎。お母さんの行方は、プロローグとエピローグ参照。この状態のお母さんまでたどり着くにはかなり長くなりそうだ。

というわけで楽しみは尽きませんねー。って感じで締めですー。

『論理爆弾』もそのうち感想書きますのでお付き合いいただければ。

闇の喇叭

仕事中に偶然見つけた一冊。その場で頼み込んだ。

「お願いします、あれだけ買わせてもらえませんか」

というわけで久々の読書感想は有栖川有栖先生のソラシリーズ第一弾、『闇の喇叭』で行きたいと思いますー。これ欲しかったんですよねー。

だって、『論理爆弾』以外置いてないんだもん普通の書店に。どうせ買うなら3冊まとめてーと思ってたんだもん。そしたら偶然見つけました。

びっくりした。1冊ずつ綺麗に並んでるんだもん。で、速攻読むよね。そしたら、これは感想書きたくなりますよね。当然の成り行き。

さて、ではでは、作品紹介の方へ。

原爆投下が1カ月遅れた日本が舞台の物語。北海道が独立し、不自由が国民を襲う世界。私的探偵行為が禁止され民間人が事件を解決することは罪となった。名探偵の両親を持つ空閑純は、とある事件の捜査中に行方不明となった母からの連絡を待つため、母の出身地で父親と共に身をひそめていた。身分を明かさず暮らしていた二人だったが、そこで身元不明の死体が発見される。――――――――――――少女探偵ソラ誕生前夜の物語。

まず驚いたのはアリスが語り部でないことですかね。有栖川先生の作品でアリス以外が語り部やってるのは久々に読みました。

それもそのはず。ある種ファンタジー要素のある作品ですからね。舞台設定の特殊ですもん。ただ、そこは有栖川先生の手腕ですよね。

本当に原爆投下が遅れていたらこうなっていた。

と、思わせるには十分な描写でした。こういった設定には一長一短あるのですが、その辺も上手くまとまっていた気もしますねー。

長所としては、キャラクターの心理や行動をそういう舞台だからで説明できてしまうところ。ここが強みですね。この状況下だったらこういう動きをする人もいるやろ?だから不自然じゃないねん…みたいな?

短所としては舞台の説明が必要と行ったところなんですが、その辺はさすが百戦錬磨の有栖川先生。ごくごく自然に受け入れられ、説明が野暮ったく感じないような配慮が行きとどいていましたねー。本当にリアル。

次にキャラ描写ですかねー。純ちゃんを筆頭に視点を次々に入れ替えていくタイプのストーリーなので各キャラクターが立っていないと面白くないのですが、うん、十分に魅力的でした。

個人的に好きなのはお父さんかな。関西弁のキャラは必須だよやっぱり。

純の友達二人もいいですねー。青春してるもの。第六章とか事件やら物語の核心に触れたりはしてないですけど、一つの物語の終わりにはふさわしいというか。綺麗にまとめつつ、寂しさが残るそんなラスト。

あとがきを見る感じ、初めは続きものを意識されていなかったようですけど、これは続編出さないと。一本でも面白いけど、先を見てみたいと思わせますもんねー。彼女や、周りの人がどうなっていくのか気になるもん。

と言った感じですかねー。最後に私見を述べておくと…

最初に思ったのは有栖川先生らしさが薄いなーといったこと。舞台設定やら人間関係やら大本の物語やらに重点を置いているので事件そのものは『女王国の城』とかに比べたらあっさりした感じでした。

イメージは長編と言うより、短編と言った感じ。作家アリスの短編集の長い版…かなぁ。設定の紹介やらで長くなりましたーみたいな。

ただ、そこがこの作品の面白みかなって。

有栖川先生の引き出しの多さを感じ、一本の大きなストーリーの序曲として、また、一本の作品として、推理小説として、青春小説として様々な要素を抱えながら、そのすべてを成立させている…そういうイメージ。

帯にありましたけど、有栖川有栖の新境地というあおりに偽りなしです。色んなものが詰まっている魅力的な一冊、是非是非ご覧くださいな。

星降り山荘の殺人

―――――――――――――――――――探偵役が真犯人を指摘する

というわけで今回は読書感想でございますー。うーん、一回やると何冊かやりたくなるよね。しかも今回読んでたのが傑作だったしね。

一度感想書くのやめちゃうともう一回やるのに凄い意思が必要になるんだけどやってしまうと続けてやりたくなるね、うん。

もちろん、感想書きたくなるような名作に当たらないとダメなんだけど。

一応先にいっておくと感想もほどほどのペースであげられればなぁとか思ってたりします。まだまだ咲カテゴリメインの更新にはなるけど。

というわけで今回は倉知淳先生の『星降り山荘の殺人』を扱ってみたいと思いますー。「あなたもきっと騙される」なんて言われたら読まない訳にはいかないのです。勝負だっ、倉知先生っ!

で、先に結果。騙されませんでしたっ!割と早い段階でもしかして?ってなって、登場人物が出揃った段階で確信しました。

ただ、確信とはいったもののそれでも疑念もあったりで。しかも変化球だけでなくストレート部分もとても面白いので普通にドキドキしながら読めました。ちなみに論理の部分は完敗です、はい。

ではあらすじを確認してみよう。

とある事情から自分の会社の所属のスターウォッチャー、星園詩郎の付き人となった主人公。観光地の宣伝という仕事のため雪舞う山荘を訪れた二人。個性豊かな客人が集まる中そこで殺人事件に遭遇してしまう。天候の悪化により脱出不可能となった雪山で犯人探しが始まる。

クローズドサークル。超がつくほど古典的な舞台設定。そして、あくまでフェアを心がけたストーリー構成。それでいて、衝撃的なラスト。

面白かったぁ。正直大ネタには気付いてたものの全然楽しく読めました。ミステリ玄人でも素人でも楽しめるの看板に偽りなしです。

うちの感想記事的には私の感覚では『葉桜の季節に君を想うということ』に似てるかなぁ。トリック部分、すなわち変化球の部分よく出来ていて、なおかつロジック、直球の部分も美しい出来。まさに本格派。

ただ、少し丁寧過ぎだったかな。正直念押しがなかったら私騙されてたと思うもん。フェアであろうとした結果なので仕方ないのだけれどね。

ストーリー自体の出来も非常に高く、なおかつキャラクターが魅力的だったと思います。ミステリのテンプレみたいな登場人物たちなんですけど何か憎めないんですよねぇ。逆に新鮮でした。

文体も1人称で堅苦しくなく、割と感情移入出来るのでラノベ好きの方とかにもおすすめ出来ますね。本格ミステリの入門にはぴったりです。

丁寧な伏線張り、大ネタの大胆さ、それらをきっちりとまとめきっているロジック。変化球と直球が高レベルで備わっているからこそこの作品は面白いのだなあと感じましたねー。

最近は変化球特化ばっかり読んでいたので今回この作品と出会えたのは収穫。高い次元で様々な要素が絡み合ってこそのミステリですね。

といった感じで今回はお開き。次回読書感想は未定ですけどそう遠くないうちにやれればと思います。咲記事同様お付き合い頂ければ。

ではでは。

七回死んだ男

久々の読書感想ですよー。咲-Saki-カテゴリじゃない記事は久しぶりだね。とりあえず咲記事へのコメントは咲記事で返しますねー。

一応ですね、読書してなかったわけではないのですよ。感想あげてないだけでそこそこにはマイペースに読み進めてたんですよぉ。

でね、今回の作品は感想書かなあかん(使命感)という状況になりましたので重い腰をあげて筆を取らさせて貰おうかなって。

というわけで今回は西澤保彦先生の代表作『七回死んだ男』の感想を書かせて頂きます。設定、話の進め方、全てが美しかった、今回も。

ちなみにうちのブログでは前に『人格転移の殺人』を扱ってます。こちらも名作ですので、是非是非読んでみてください。作品も感想も。

ではまずはあらすじを紹介しておきましょう。

親戚が一堂に会する新年会。しかしながら全く楽しくない。そこにあるのはどろどろとした人間関係。少し訳ありな家族。そして少しどころじゃない体質を持った主人公。彼は度々同じ日が何度も続くという不思議な現象に巻き込まれることがあり、それが新年会中に起きてしまう。

今回も無難に過ごそうとする主人公だが、起きるはずのない殺人事件に遭遇することに。その殺人を防ぐために奮闘するのだが各周ごとに違う犯人によって祖父が殺されてしまい・・・。

感想としては、さすがと言った感じ。人格転移を読んだときになんでこれが代表作じゃないんだろう?七回死んだ男そんな面白いのんと少し不可解に思ってたんですけど、こういうことかい。脱帽です。

設定は人格転移よりも単純ではあります。でも、単純なネタ的にはこっちの方が面白いです。むこうはなんだかんだ気付けたからね。

もちろん、SF要素満載の設定です。前回は「仮面舞踏会」でしたけど今回は「反復落とし穴」です。要はループものなのよー。

○「反復落とし穴」のルール

落とし穴にはまるタイミングは不定期で予知できない。

ハマったら同じ日を9回繰り返すことになる。

正式に事実として残るのは9回目の出来事である。そのため、前8回分に起きた出来事はどんなことでもは主人公以外は認識できない。

主人公の行動次第でその日に起きる結果は変わり得る。ただし、前と同じ行動を取れば同じことが繰り返される。・・・って感じ。

で、反復する・・・のだが、何故か一家の主である祖父殺害事件が発生する。しかも阻止しようと動いても違う誰かが祖父を殺してしまう。

主人公は自分が行動を変えてしまったために祖父は死ぬことになったのだと思い、彼を救うために一人奮闘することに。

まず、人間関係がもうね。だって、主人公とヒロインさん以外は全員殺害の動機があるんだもん。こんなん一回救ったってそのうち誰かがやらかすよ多分。それでも憎めないのが西澤作品のいいところなのかもだけど。

え?ヒロイン?居るに決まってるやん。人格転移があんな感じなラストだったんだからこの作品でも当然そういう要素はあるでしょう。

で、あのラストですよ。言われてみれば確かに伏線は置いてるんだよね。小説の形態的にもやりやすいのに全然念頭に置いてなかったよぉ。

人格転移が分かりやすかっただけに警戒が薄かったかも。ただ、普通に警戒しながら読んでも見逃してしまいそうだけどね。

正直やられた感は半端ないですよ。こういう驚きがあるから読書は止められないんです。合わない人には合わないかもだけど。

さて、解説が興味深かったので少しだけ触れます。

西澤先生はこの作品を変化球と称しておられます。SF要素を取り入れた「本格」ミステリだけど直球ではないとのこと。

うーん、確かに変化球でもあるんだけど論理構成的にはストレートな気がしなくもないんだよなあ、私的には。

有名どころの変化球ほど大仕掛けな訳ではないし、設定は突飛だけど話の持っていき方はきちんと筋を通していると思いますし。

もちろん俗にいう叙述トリックも筋は通ってると思いますけど。

ファストボール的な。それこそ少しだけ動くみたいな球に近いかも?本格派の投手とはまた違った面白さって感じですかね。

って感じで今回は締めです。久々書いてみたけどどうだっただろう。私が読書感想書く時は結構気を使うんだけど今回も、少しだけ。

ネタばれ回避の要素もあるんですけど。それ以上に折角作者さんが技巧を凝らしてるんだから短い感想文でそれをぶち壊さないように。

正直ネタばれよりも言葉の選び方ひとつでそのトリックがフェアじゃなくなる方が私的には嫌ですし。じゃあ感想書かなければって話ですが

誰かに、何かに話したくなってしまうのですっ!

だから、これからも定期的にやりますよん。ひとまず今回は、ではでは。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。