狩人の悪夢

火村「いえええええええええええええええええええええええええ」

いや、まじで大晦日のあれのせいで変なイメージつきそうやったわ。

お久しぶりです。今回は本当に久々の読書感想でいきます。

というのも、私今週凄く暇で。本当だったらWBCの決勝見てる予定だったんですがそれもなくなっちゃって。で、積本を崩していった訳さ。

で、とりあえず3冊ほど読んだのですが、これだけは感想をあげとこうかなーと、筆をとってるわけです。まあ、タイピングしてるだけですが。

というわけで、このブログ最多出場作家(…だったはず)有栖川有栖先生のドラマ化もされた代表作。作家アリスシリーズ最新刊『狩人の悪夢』の感想を書いていきますー。

まずは、あらすじからー。

人気ホラー作家白布施と対談することになった有栖川有栖はその席で彼の家「夢守荘」へと招待される。必ず悪夢を見てしまうという部屋で一泊したアリスだったが、翌日白布施のアシスタントが住んでいた家で女性の変死体を発見してしまう。当初簡単に解決しそうだった事件は実は難解で複雑な隠された真実をもっていて…って感じかねー。

うん、有栖川先生らしい美しい直球でした。小細工なし。論理的な思考のみで回答までたどり着かせるその力量はさすがですねー。

こう書くと、「あれ、小細工あったんじゃね?」と読んだ人に反論されそうなのですが、一応その伏線も入れてる所が素晴らしいポイントです。

だってほら、最初の対談で白布施さんが言ってたじゃない。ミステリーもホラーも筆法は同じだって。何をいつ読者に提示して驚かせるかが最大のポイントだって。あれがまさに今作を表していた気がします。

というか、多分今回の作品はそれがテーマ…です。そのために、犯人、動機はそこまで練ってません。ありきたりな解答です。正直、慣れている人なら察しがつきます。でも、それでも…

読者に驚きを与え、なおかつ、論理的にまとまります。

有栖川先生の魅力は、不必要だと思われる描写にも意味があるという点だと思います。他の作家さんに比べて無駄な描写が少ない。

それがシリーズ物として必要なのか、それとも、この作品単体で必要なのかはともかくとして、ですけどねー。

例えば、有名な所でいくなら、火村の悪夢とかは前者だしねー。これは続き物として読まないとシーンの意味が分からないですよね。

でもでも、作品が悪夢について扱っていて、作家アリスシリーズなら絶対必要でしょ?火村の悪夢に関するあれこれって。

後者の例なら最初の対談とかもそうやし、何気なくアリスがみた悪夢もある意味予知夢ですしねー。読み返せばまだまだあるでしょう、多分。

散りばめられていたものが綺麗にまとまっていく。この感覚が、有栖川先生の真骨頂ですねー。今回も堪能しましたー。

あと、やっぱりこの二人のやり取りはええねー。楽しく読めます。今回はドラマ化の後だったので少し不安だったんですが、特に気にならなかったですねー。むしろ、いい影響があったのかも?

大晦日にはっちゃけてたとはいえ、ドラマもなかなかになかなかでしたから。100点満点ではなかったですが、及第点はとってた気がする。

まあ、実写化で100点は無理ですよねー。どうしたって自分のイメージとは食い違う訳ですから。それでも、観れるものになってたのはさすがなのかなって。後の読書に悪い影響でてないしねー。

って感じですかね。久しぶりにやりましたが読書感想もやっぱ面白いですねー。定期的には絶対やろう、うん。

ではでは、有栖川先生のらしさがひかる名作『狩人の悪夢』をぜひ手に取ってみてくださいなー。
スポンサーサイト

【連載感想】宮永照についてのあれこれ

お久しぶりですー。本当は宮永照の伝説が始まった時点でブログあげるつもりだったんですが、なんか色々やってたら今更な更新に・・・。

5決の展開も気になる所ですが、それよりも気になる過去編が始まりましたねー。照姉の1年生の頃の話とか。わくわくが止まらないよー。

○気になった点

まず、宮永照は中学生時には(下手すると、小学生時代ですら)有名選手ではなかったという点。描写的に麻雀すらまともに打ってなかった模様。

つまり、高校生から当然現れた新星であること。負けたのは戒能プロに対してだけ。おそらくそれ以外は負けてないでしょう・・・。

これは現在の日本最強の打ち手小鍛治健夜と似てますね。時代を担う打ち手は、その世代最後に現れる・・・のでしょうか?なんかカッコイイ。

というか正直白糸台はもともと凄い強豪校だと思ってたから、少しびっくりです。いや、だってさ、凄い廊下に並んでたじゃん。あの伝統も照姉が作り上げた功績の賜物なんでしょうかね?

下手したら、親切な人こと弘世菫さんの趣味?菫さんは幸運だったんですかね?照姉なしでもそこそこはやれそうな気がしますが・・・。

中堅校が一人の新入生のおかげで一気に名を馳せる。ある意味王道展開ですが、圧倒的な力の片鱗を見せつけたその新入生が一言。

「私はそんなに麻雀好きじゃないんです」

ここからどんな展開に持ってくのか気になる所です。

次に、照姉の性格について。

明らかに素ではないですよね。今の照姉でいうところの営業スマイルですねー。その部分だけ見たら少し抜けてる天然な文学少女ですもんねー。

ただ、もちろん読者は本当の照姉を知っているので、色々推察していまいますよねー。だって、今の照姉は素を隠してないし・・・。

家庭環境で何かあったとか、今まで経験してきた何かが彼女に対人用の営業スマイルを強要しているとかとか。そもそも・・・

お母様が違う説もありますしねー。愛ちゃんと今の母親。父親側にいた咲ちゃんは普通そうでしたが、母親側の照姉はもしかすると咲ちゃんが想像もつかないような環境で過ごしてきたのかも?

ほい、次。白糸台についてです。遂にチームから選んでいる理由が発覚しましたねー。ある意味納得はいく理由です。頭悪いなーとは思うけど。

で、照姉が選んだ5人で挑むことになる訳ですが。照魔鏡があればそりゃあそんじょそこらの指導者より的確に見抜くでしょうよ、強さを。

ただ、これだと照姉に認められた子だけが選抜されるみたいな独裁制になりかねないのでは?慕われ方をみると全員平等に指導していると願いたいところだけど。その上で一番ベストな5人選んでると思いたい。

それでもなー、照姉がいるチームが他チームに負けるわけないじゃん。

照姉のおかげで超強豪校になった後はチーム戦を廃止するべきな気がします。色んな所で言われているので私が言わなくてもいいかもだけど。

最後に。今後の展開について。

最終的に、照姉は麻雀を打ちます。そして絶対王者として君臨する。昔とは全然違う打ち筋になって。一体この後何があるんだろう?

咲ちゃんでいのどちゃんみたいに菫さんが動くのでしょうか?でも、菫さんは照姉に直接負けてるわけではないんですよねー。

そして、明らかに咲さんへの意識を持っている照姉。これが苦手意識なのか、嫌悪感なのか・・・それとも、好意なのかはわかりませんが。

どうするんだろう。暫くは連載から目が離せないなー。

そんな感じですねー。ではではー。

最近の咲-Saki-関連についてのあれこれ

お久しぶりです。

24日の新刊ラッシュに便乗して久々に咲関連について色々語るよー。

最近リアルが多忙で・・・。仕事がというよりも趣味が増えた(デレステ、遊戯王)ため、必然ブログに割く時間があんまりないんですよねー。

もとより不定期更新を謳ってるけども、さすがにさぼりすぎやね・・・。

でもでもちゃんと咲関連のものは読んでたり確認はしてたよー。

というわけで、色々語ってってみよー♪

○咲日和

今日も今日とて咲日和でした。そんな感じ・・・ですかね。

○本編

以前5決先鋒戦については色々書いたので割愛しますが、やっぱり怜ちゃんの闘牌は面白いですねー。病に倒れ、戻ってきてから能力が覚醒する・・・主人公より主人公してるよね、うん。

5決面白そうなんだけど、中堅戦で誰か飛ぶ決着とかもありそうなのが怖い所。セーラと洋榎ちゃんのぶつかり合いの末に終わっちゃったりも?

さらに、連載の方はついに照姉と咲ちゃんが邂逅しましたねー。ただ、お互いに一言も交わさずにそのままストーリーが進行。

そして照姉の「何も言えなかった」という発言。今まで姉妹仲は咲ちゃんに問題があるのかと思ってましたが、照姉側にも何かある?

宮永母の謎、姉妹の謎…今後の白糸台回想も期待ですねー。

あとトシさんに今年のキーだと言われていた宮永姉妹に並ぶ存在、荒川憩。どれほど強いのか。なぜ大阪の強豪校に行かなかったのか。色々不思議なポイントがあったりしますねー。

ただ、一番の注目ポイントだと思うのは長野の個人戦結果です。アニメ描写で確定でいいんやね、多分。となると、本編で個人戦やりかねない?あんまり予想してなかったんだけど。

○シノハユ

展開遅いですねー。阿知賀は本編と合流しなければならなかったから急いでただけやってんねー。じっくり描写していくということでしょう。

杏果ちゃん主役回でした。この子は能力持ち?それとも打ち筋?微妙な所ですが、能力だった場合4人のうちで単純に一番打点が出せそうです。

順当に読むなら、湯町中1年4人とゆえちゃんが高校でのレギュラーだと思うんだけど島根にはまだ強豪揃いのようで…。

というか、これ以上1年生、同世代の打ち手がが出てきてしまうとひとつ気がかりなことがあるのです。

これさ、カンナちゃん離脱しない?何かしらの事件後にカンナちゃん応援に回るかライバル校にいかない?そんな気がひしひしとするのです。

はやりんは絶対に抜けない。シノちゃんもおそらくそのまま。染め寄りの能力、縦寄りの能力は漫画的に見栄えがある・・・けど、カンナちゃんの打ち筋は現代麻雀的な強いけどある種地味な感じだから。

微妙なところ、だねー。杞憂で終わるとええけどー。

シノハユは進行遅いのでのんびり楽しみましょう。

○怜-Toki-

ついに、本当の主人公に登りつめましたか。

咲のスピンオフは小学生から始めなければならないルールとかあるんかね?かわええので全然問題ないけども。

ただやってることは子供っぽいけど小学生っぽくないですねー。友達を巡って喧嘩は歳相応かなとか思うけどおままごとの友達って。

正直まだまだ展開が読めないし、そもそもどんなテーマがあるのか正直分からないところはあるのだけど・・・今後に期待ですかねー。

・・・って感じですねー。え?ドラマについて何か語れ?

ごめん、まだ観れてないのよー。実家で録画してるから実家に帰らな見れないのよー。正月帰省時にみときますねー。

という感じで今後も細々と何かしら語るのでよろしくですー。

あ、あと今年は多分咲カテゴリはこれがラストの更新なので少し早いけど・・・よいお年をー。ではではー(ペッコリン

【ポケモン】可愛い相棒を紹介するぜ【XY時代】

さあ、短期集中連載的な何かの最終回だ!

アローラ地方を冒険する前に、これまでの相棒ポケモンたちを紹介していこう企画第三弾・・・ラストはXY編だ!

ポケモン熱はBWの時ほどではないけど、それでもそこそこはやってたXY時代。ルビサファにはポケモン移してないのですが…。

強くて、可愛い・・・イメージだねー。

○ちーとい(クチート)

性格 意地っ張り 特性 いかく 持ち物 クチートナイト
技 じゃれつく 不意打ち 空元気 ほのおのきば

メガ進化というXY要素でちょー強化された子ですねー。もともとクチートは持ってたんですが、まさかのエース物理アタッカーになるとは。

まず可愛い。そして…強いんですこの子。フェアリーとかいう優遇タイプの追加、メガ進化で単純に強化・・・そして超優良特性の威嚇・力持ち。

安定して強いのがいいよねー、うん。

○ごむまり(マリルリ)

性格 わんぱく 特性 力持ち 持ち物 とつげきチョッキ
技 滝登り じゃれつく 馬鹿力 アクアジェット

バトレボ時代から一線にいたポケモンなのにXYになってから育てたという…。いやーなんで使われてたのか分かりました。つええ…。

力持ちがチート過ぎるんですねぇ…。

しかもじゃれつくを筆頭にフェアリーが追加されて、ドラゴンキラー的な要素も追加。さらにさらにとつげきチョッキとかいうこの子のためにあるような道具とか・・・。なぜこの子だけこんなに優遇されるのん?

いやあ、火力やべえもん。この力持ちコンビ。

○らんぷ(シャンデラ)

性格 臆病 特性 すりぬけ 持ち物 こだわりメガネ
技 シャドーボール 大文字 エナジーボール 鬼火

この子もすりぬけが便利ですよねー。というか、かげふみ説はどこにいったのでしょうか?まあ、かげふみなら厨ポケすぎやけど。

XYは火力を追い求めてた感が強いですねー。

可愛いんだよねーこの子も。可愛くて強いっていうのがいいねー。

・・・的な感じですかね。一応XYだけでパーティ作ってるからもっといるけど思い入れ強いのはこの子たちやねー。

私はどっちかというと受け気味の子が好きやってんけど、火力インフレのせいで火力が飛び抜けて強い子のが使い勝手がよかったんよね。

さて、アローナの環境はどんなんだろ?

気になりますねー。ではではー。

【ポケモン】可愛い相棒を紹介するぜ【BW時代】

連日の投稿ですー。どうせなら新たな冒険前にやっちゃいたい。
というわけで、私が一番ポケモンやってたBW時代です!

このときはニコニコ生放送で探せば大体大会がやってるくらいポケモンが盛り上がってた印象。しかも…種族値制限が割とあったんですよねー。

ガチガチのガチパは持ってなかった私にとっては生きやすい環境でした。
なにせ、ガブリアスを1匹しか持ってないという中堅ポケ好きなもので。

ではでは、早速行ってみよう!

○みかん(水ロトム)

性格 おだやか 特性 ふゆう 持ち物 食べ残しなど
技 10万 ハイポン リフレク(→ボルトチェンジ) 鬼火

あるニコ生の放送に入り浸ってた時にその枠の大会の準決勝?(あんま覚えてないけど)でほぼ相手を完封するという働きを見せつけたポケモン。

バトレボはノーマルだったのでそこまでだったのですが、水に変えてから急激に強くなりました。…バトレボ実況者さんの型丸パクリの子です。

特殊受けしながら、鬼火を打ち、さらに壁を張る…。決まったら要塞と化すロトム君です。XYからはボルトチェンジに変えちゃいましたけど。

安定して働ける子。相手の攻撃3発耐えて、こっちが3発殴って相手を倒すというコンセプトで使ってました。これが強いのなんの。

BW時代の便利屋枠ですねー。大変お世話になりましたー。

○めどれー(サーナイト)

性格 おだやか 特性 トレース 持ち物 オボンなどなど
技 サイキネ 10万(→ムーンフォース) めいそう 鬼火

こちらもバトレボ末期に作ったのですがあんまり使ってなかった子です。サーナイトも一杯持っているのですが(お気に入りなので)当初はアタッカーのイメージが強くて・・・。受けの子はそんなかなと思ってて。

BWで受けポケの枠が空いたので使ってみました。そしたらね…すげー強いのこの子。引くレベルで強ええのこの子。

基本の動きは有利対面時に呼ぶ物理アタッカーに交換読み鬼火(これがめっちゃ刺さります)→そいつを起点に瞑想積んで要塞化→殴る

トレースとかいう強特性も魅力。ブイズとかカモに出来ます。

XYからムーンフォースにしてますが・・・サイキネの枠を10万にしてもいいかも。ギャラドスとかに後出し出来るんですよね、10万あると。

ちなみにNNはハスキー&めどれーのめどれーちゃんから。

○パンク(ズルズキン)

性格 しんちょう 特性 脱皮 持ち物 カゴの実
技 ドレインパンチ かみくだく ビルドアップ ねむる

ズルズキンも好きなポケモンでした。竜舞型のあかずきんもいましたが、安定感があったのはねむカゴビルドレ特殊受けのパンクちゃんの方です。

状態異常受けが出来、最悪素眠りしても脱皮で回復しちゃうときも。ビルドレ積めばちゃんとアタッカーとしても機能する便利屋枠ですねー。

上2匹と合わせて特殊受け3枚というパーティがBWで一番使ってたパーティ。鬼火、リフレクで物理見て、サナとズキンが積みエース的な所も。

惜しむらくはフェアリーの存在ですねー。嵌まったらめちゃ強いポケモンだったこの子が受けの役割を出来なくなってしまったので・・・。

○こまいぬ(ウインディ)

性格 ずぶとい 特性 いかく 持ち物 オボン・ラムの実とか
技 大文字 めざパ氷 神速 鬼火

物理受けウインディです。炎枠+物理受けを両立できる子としてBW時代に作りました。バトレボ時代に流行ったイメージですが・・・。

器用貧乏な感が強いイメージでしたが、それでも地味な仕事を地味にこなしてくれてましたねー。結構頼りになる子です。

というか鬼火持ち多いですねー。ここまでの4匹は結構な頻度でパーティに入ってたBWを代表する子なのでどんだけ好きだったんだっていう…。

○すーぷー(カイリュー)

性格 意地っ張り 特性 マルスケ 持ち物 ラムの実
技 逆鱗 地震 炎のパンチ 竜の舞

○ふーたん(カイリュー)

性格 意地っ張り 特性 マルスケ 持ち物 こだわり鉢巻
技 逆鱗 神速 地震 炎のパンチ

BW・そしてXYのエースポケですねー。カイリューは2匹とも気分で使い分けてたイメージです。ありがとうマルチスケイル…。

私が他のドラゴンをあまり使わない理由です。カイリュー好きなんですよねー。結構広く対応できるのが魅力ですねー。

どうしても、ミルタンクさんだと火力不足になることがあり(とはいえ気分で使ってましたが)テンプレのミルタンクであるももたんを使うようにしてからエース枠に収まりました。強いんだもん。

NNの由来は封神演義とムーミンのガールフレンドですー。

って感じです。他にもいっぱいいるんですが…紹介しちゃうと書ききれないのでこんなもんでー。でもやっぱりこの子達は思い入れ強いです。

マジミラエーフィのあじさいとか積みサポートできるムウマージのまおーとかスカーフへラクロスとか珠ビリジオンとか他にもいろんな人から貰って育てた子とか・・・。うーん、楽しかった思い出だー。

サンムーンも…いい思い出になるとええなー。

とか、思いを馳せつつ…ではではー。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR